その答えはここにある!

アンサー119

タイツとストッキングの違いって?

   

タイツとストッキングの違いって?

タイツとストッキングの違いを知っていますか? 生地の厚さ? 素材の違い? 触ってみれば何となくわかる方、触ってもよくわからない方もいると思います。この二つはどう違うのでしょうか。また、どのようにはき分けたらいいのでしょうか。今回は、タイツとストッキングの違いを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


タイツとストッキングの違い:デニールの場合

それではタイツとストッキングの違いを見てみましょう。一般的に、30デニール未満のものをストッキング、30デニール以上のものをタイツと呼んでいます。このデニールというのは糸の太さを表す単位を指します。1デニールは、1グラムのナイロン素材を9000mに引き伸ばしたものになります。数字だけ見てもあまりピンときませんが、要は糸の太さのことだということがわかっていれば問題はないでしょう(笑) このデニールという単位は、1999年からデシテックスという単位に変わりましたが、あまり浸透せず、多くの店はデニールという呼称で使っているようです。また、タイツとストッキングで同じデニール数でも糸の構造が違うと透明感などが異なるようです。タイツとストッキングは繊維の太さが違うようですね。

タイツとストッキングの違い:用途の場合

続いて、タイツとストッキングの用途の違いについて見てみましょう。先ほどは繊維の太さによって分けましたが、同じデニール数のタイツやストッキングがあります。これはどっちなの? とならないためにも、用途を見ておきましょう。まずタイツですが、これは肌にフィットするよう作られた衣服で、一般的に腰から爪先まで包むものを指します。もともとはバレエや演劇などの舞台衣装として作られたものが派生したもののようです。一方、ストッキングは丈の長い靴下のことを指し、一般的に、薄手でナイロン製の婦人用靴下のことを表しています。タイツとストッキングは、衣服か靴下かという違いがあるようです。

タイツとストッキングのはきわけ

次にタイツとストッキングのはき分けについて見てみましょう。このはき分けを間違えると、場合によっては失礼に値することもあるので、気を付けましょう。それでは礼儀が大事にされる冠婚葬祭の場面から見ていきます。まず喪服には黒いストッキングがいいでしょう。特にある程度透け感のある黒のストッキングがマナーとされています。透けないタイツはカジュアルな印象になってしまうので避けたほうがいいでしょう。結婚式の場合もストッキングがいいとされていますが、色はベージュがいいでしょう。黒はお祝いの場には合いませんよね。また、こちらもカジュアルな印象を与えるタイツは避けたほうがいいようです。こちらは冠婚葬祭には関係ありませんが、就職活動の面接にはベージュのストッキングがいいとされています。ストッキングの透明感は、見ている人に明るく清潔な印象を与えられるためでしょう。

タイツのいいところ・悪いところ

続いてタイツとストッキングのメリット・デメリットについて見ていきましょう。まずはタイツからです。先ほども述べたとおり、タイツはカジュアルな印象になってしまうので、冠婚葬祭には向きません。また、1枚あたりの価格もやや高めで、夏場などの暑い時期には蒸れてしまう可能性が高くなります。しかし、耐久性が優れており、長くはくことができ、伝線しにくくなっています。保温性の効果も高く、冷え性の予防にもつながりそうです。また、透明度が低いため、下着が透けにくいというメリットもあります。冬場のお出かけには、タイツがいいかもしれませんね。

ストッキングのいいところ・悪いところ

最後にストッキングのメリット・デメリットを見ていきます。まずはデメリットからですが、ストッキングの特徴として、吸湿性にやや乏しい素材のため、靴の中で蒸れやすくなっています。また、繊維が繊細なので耐久性が低く、ひっかけると破れやすく、伝線に気を付けなければなりません。しかし、その細い繊維のおかげで透け感が生まれ、清潔感のある印象を持たせてくれます。この清潔感によって、冠婚葬祭の場ではストッキングが好まれる傾向にあるようです。それだけでなく、足元のおしゃれにもなりますし、寒い時期は冷えを防いでくれるだけでなく、ストッキングの伸縮性によるサポートで、脚線美が期待されます。

まとめ

タイツとストッキングは、一般的にはデニール数の違いが取り上げられがちですが、用途も異なり、またはくことによる印象にも大きく差があるようです。また、フォーマルな場ではタイツはNGですので、十分に気を付けましょう。どちらも防寒対策ができるだけでなく、足をきれいに見せてくれます。冬場のおしゃれもこれで安心ですね。二つを上手にはき分けて、どんな季節でも自由なおしゃれを楽しみましょう。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ