その答えはここにある!

アンサー119

ポリエステルの服は家で洗濯できる? ドライマークコースで洗える?

   

ポリエステルの服は家で洗濯できる? ドライマークコースで洗える?

みなさん、ポリエステルの服の洗濯はどうしていますか? デリケートな衣類ですからクリーニングを利用している家庭もあるのではないでしょうか。家で選択する場合はポリエステル素材の洋服はドライマークコースを使って洗っても大丈夫なのでしょうか。そもそもポリエステルとはなんでしょうか。今回はポリエステル素材の衣類の洗濯について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


ポリエステルとは

それではまずポリエステルとは何かを確認しておきましょう。ポリエステルとは、石油から加工された化学繊維のことを指します。これは世界の合成繊維生産の多くを占めています。このポリエステルは、型崩れしづらく、しわになりづらいため、ワイシャツやブラウス、スーツなどによく使われています。また、軽くて丈夫なため、作業服にも用いられているようです。しかし、ポリエステルは汚れがたまって黒ずみやすい傾向にあります。毛玉もできやすく、静電気が起きやすい性質を持っています。これらのデメリットは洗濯の仕様で対策できます。

ポリエステルを洗濯できるドライマークコース

洗濯方法の紹介に入る前に、ポリエステルの洋服を洗濯する際に使用を推奨されている「ドライマークコース」とは何かを確認しておきましょう。これは多くの洗濯機に設定されており、デリケートな衣類専用のコースとなっています。名称は「ドライマークコース」「おしゃれ着洗い」「ソフト」などメーカーによって異なりますが、その性質はほぼ同じです。このコースで洗濯した場合、弱回転でやさしく洗うように設定されているため、おしゃれ着やデリケートな衣類はこのコースで洗うよう推奨されているのです。

ポリエステルの洗濯方法:ドライマークコース

それでは洗濯機でのポリエステルの洋服の洗濯方法を紹介しましょう。ポリエステルの洋服の絵表示には、水洗い不可、ドライクリーニングマークがついているものがあるかと思いますが、これらは家で洗濯することが可能です。しかし、念のため、大切な衣類はクリーニング店にお願いしましょう。さて、洗濯機で洗う方法についてですが、先ほど述べたドライマークコースを使用します。洋服は目の細かい洗濯ネットに入れておきましょう。洗剤は、おしゃれ着洗い専用の洗剤を使用します。あとはドライマークコースに設定した洗濯機に任せれば完璧です。

ポリエステルの洗濯方法:手洗い

では次にポリエステルの洋服の手洗いの手順を紹介します。手洗いの場合、きれいな桶などに30℃以下のぬるま湯と洗濯用洗剤をいれておきましょう。これは中性洗剤でも可能です。溶けやすいので液体をお勧めします。まず軽くたたんだ衣類を中へ入れて15分置いてください。そのあと衣類を泳がせるように動かし、そのあと軽く絞って洗濯用ネットへ入れましょう。次に洗濯機の脱水で15~30秒ほど脱水します。そして桶の水をきれいなものに入れ替えて軽く泳がせ、2回ほど水を入れ替えます。あとは軽く絞って先ほどと同様に脱水。この際、洗濯ネットは軽く水洗いしておきましょう。最後のすすぎで柔軟剤を入れるとにおいの防止や静電気の抑制につながります。この場合、1分ほどいれましょう。絞って脱水からの過程は先ほど述べたのと同様です。

ポリエステルを洗濯するコツ

最後にポリエステルの服を洗濯する際のコツや注意点を紹介します。まず洗濯する前ですが、必ず絵表示を確認しておきましょう。中には家での洗濯ができないものがあります。次に色落ちチェックです。これは洗剤を衣類の目立たない部分に原液のままつけ、そのまま数分放置して、白い布でその部分をたたいて色がつくかどうかで判断します。もしも白い布に色がついたら色落ちしてしまい、色移りしてしまいますので、単独で洗いましょう。この時、水洗い不可で色落ちする場合はクリーニングを強く推奨します。また、水洗い不可の洗濯絵表示がついている場合、素材などによっては手洗いが可能ですが、洗濯機で洗ってはいけません。薄い、繊細な生地、細かい装飾や特殊加工がついてる衣類は家で洗濯せずにクリーニングへ出しましょう。また、汚れの気になる部分には、あらかじめ洗濯用洗剤をつけて数分置いてから洗濯ネットに入れて洗濯すると綺麗に落ちるようです。これらのコツや注意点に気を付けて、正しく洗濯しましょう。

まとめ

ポリエステルの洋服はなかなか洗濯に気を遣いますよね。とはいえ、一人暮らしだといちいちクリーニングに行くのもはばかられますし、仕事などが忙しいとクリーニングに出す時間も、取りに行く時間も惜しい…。そんな方々は今回紹介した方法で、デリケートな衣類もお家で洗濯してしまいましょう。皆さんのお洗濯の悩みが少しでも解消したなら幸いです。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ