その答えはここにある!

アンサー119

今どきの結婚式、招待する友達は何人くらいが普通なの?

   

今どきの結婚式、招待する友達は何人くらいが普通なの?

大好きな彼との結婚が決まり、結婚式の準備がスタート!でも、いざ準備が始まってみると結婚式の準備って意外と大変ですよね。決めなくてはいけないことも多く、頭を悩ませる人も多いはず。その中でも、結婚式に招待する人数についての悩みは新郎新婦にとって定番の悩みのひとつです。結婚式の招待者とは、家族や親戚・職場の関係者の方や友達で構成されます。両親の意見が必要な親族の人数とは違い、自分たちで決めることになる友達の招待人数については特に悩みどころです。招待したい!という人数が多い人も、逆に少ない人にとっても悩みどころである、この友達の招待人数についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


結婚式に招待する友達は何人くらい?

結婚式の招待人数の平均は、新郎新婦の両家を合わせて70人くらいが平均だと言われています。両家で合わせての70人ということは、それぞれの招待者人数は35人程度ということですね。その35人程度の中から、親族の人数を差し引いた人数が「招待できる友達の人数」ということになります。ただしこれは、あくまでも平均であって、両家の招待人数のバランスを考えてのことです。以前は、両家のバランスを考えての結婚式が主流であったことからこうした平均人数が出されていましたが、現在では結婚式の形もさまざまなためにあくまで「平均」と考えましょう。

今どきの結婚式事情とは?

今どきのカップルは結婚式をしないことも多く、また結婚式自体も以前とは形が変わってきているケースも多いです。結婚とは、家と家の結びつきだと強く考えられていた以前は、親族中心の結婚式が主流でした。ですが現在では、結婚式も「自分たち」が主流のパーティー形式も増え、招待したい!お祝いしてほしい!と考える、友達が中心の結婚式も増えています。ただ、あくまでも結婚式は自分ひとりのものではなく、相手やそのご両親、自分の両親の意見も重要です。招待する人数を決める前に、「どういった結婚式をするのか」ということをよく話し合うことが一番大切です。

友達を招待する意味とは?

結婚式に友達を招待する一番の目的は、仲のいい友人に「お祝いしてほしい」という気持ちです。人数にばかり気を取られて、その根本を見失わないことも大切です。人数合わせにばかり気を取られ、呼べなかった友人と気まずい思いをしたり、そんなに親しくない友達にまで声をかけてしまったり・・・。結婚式はその日限りのものですが、人間関係はそれから先もずっと続いていくものです。「友達を招待する」という意味をよく考えたうえで、相手の人としっかり相談して決めたいものですね。

「何人」と決める必要性があるケースとは?

ですが、いくら時代が変わってきているとはいえ、結婚式は現在も大切なセレモニーのひとつです。両親やお相手のご両親次第では、形式にこだわった式を大切に考えているケースも存在します。その場合は、これから始まる結婚生活の大切なスタートとなる結婚式に不要な問題ごとを抱えることにならないよう、事前にしっかりと打ち合わせをすることが必要です。招待したい友達の人数が多すぎてどうしても決めかねてしまう場合は、友達のみの小さなお祝いの席を別に作ることも解決策のひとつです。逆に、招待したい人数が少ない場合は、人数合わせのために特別親しくない人を招待することはおすすめしません。その分親族の席を増やしたりなど、友達の招待人数にこだわりすぎないことが必要です。

どんな結婚式がしたい?

招待人数を決める前にまず必要なことは、「どんな結婚式がしたいか」ということです。自分たちの希望を叶えられる今どきの結婚式スタイルの人も、ご両親の意向を取り入れた伝統的な結婚式スタイルの人も、大切なのは2人の共通の思いです。もちろんマナーやルールは大切ですが、両家で人数を合せるのがどうしても難しい場合には、2人でその解決策をいかに考えることができるかが大切です。あくまで、結婚式の目的は「お祝いの場」です。人数合わせが第一の目的とならないよう、2人でしっかりと話し合いたいものですね。

まとめ

今どきの結婚式は、家族のみや友人のみの、小さなスタイルも人気のようです。確かに、大切な人たちだけでのお祝いの場は、リラックスして楽しめる記念の一日になりそうでステキです。招待人数に頭を悩ませるくらいなら、そういった心から楽しめる結婚式のスタイルを選ぶこともいい方法だと個人的には思います。結婚式に招待される側としては、特別親しくない人からの招待は、もちろん喜ばしいことですが、多少の違和感を感じてしまうものでもありますよね。招待したこちら側としても、なんだか気になってしまいます。わたし個人としては、いっそ「呼ばない」という、人数にこだわりすぎないことが大切に感じます。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ