その答えはここにある!

アンサー119

今どきの結婚式、招待する友達は何人くらいが普通なの?

   

今どきの結婚式、招待する友達は何人くらいが普通なの?

大好きな彼との結婚が決まり、結婚式の準備がスタート!でも、いざ準備が始まってみると結婚式の準備って意外と大変ですよね。決めなくてはいけないことも多く、頭を悩ませる人も多いはず。その中でも、結婚式に招待する人数についての悩みは新郎新婦にとって定番の悩みのひとつです。結婚式の招待者とは、家族や親戚・職場の関係者の方や友達で構成されます。両親の意見が必要な親族の人数とは違い、自分たちで決めることになる友達の招待人数については特に悩みどころです。招待したい!という人数が多い人も、逆に少ない人にとっても悩みどころである、この友達の招待人数についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

部屋が汚いのは天才の証!?汚部屋の住人に隠された才能とは?

部屋を綺麗にしたいとか、部屋は整理整頓されているべきだと考え...

部屋の片付けの効果とはズバリ!強大な幸運をもたらすこと!

綺麗に整理整頓され無駄なものが一切なく、ホコリは塵一つない清...

部屋が綺麗な人と汚い人の違いとは?腸内環境も大きく関係!

部屋が綺麗な人と汚い人、両社の違いなんて単純に部屋の状態だけ...

片付けてもすぐ散らかるのは病気が原因?一番の問題とは?

どんなに頑張って部屋を片付けても、すぐに散らかってしまう。自...

スポンサーリンク


結婚式に招待する友達は何人くらい?

結婚式の招待人数の平均は、新郎新婦の両家を合わせて70人くらいが平均だと言われています。両家で合わせての70人ということは、それぞれの招待者人数は35人程度ということですね。その35人程度の中から、親族の人数を差し引いた人数が「招待できる友達の人数」ということになります。ただしこれは、あくまでも平均であって、両家の招待人数のバランスを考えてのことです。以前は、両家のバランスを考えての結婚式が主流であったことからこうした平均人数が出されていましたが、現在では結婚式の形もさまざまなためにあくまで「平均」と考えましょう。

今どきの結婚式事情とは?

今どきのカップルは結婚式をしないことも多く、また結婚式自体も以前とは形が変わってきているケースも多いです。結婚とは、家と家の結びつきだと強く考えられていた以前は、親族中心の結婚式が主流でした。ですが現在では、結婚式も「自分たち」が主流のパーティー形式も増え、招待したい!お祝いしてほしい!と考える、友達が中心の結婚式も増えています。ただ、あくまでも結婚式は自分ひとりのものではなく、相手やそのご両親、自分の両親の意見も重要です。招待する人数を決める前に、「どういった結婚式をするのか」ということをよく話し合うことが一番大切です。

友達を招待する意味とは?

結婚式に友達を招待する一番の目的は、仲のいい友人に「お祝いしてほしい」という気持ちです。人数にばかり気を取られて、その根本を見失わないことも大切です。人数合わせにばかり気を取られ、呼べなかった友人と気まずい思いをしたり、そんなに親しくない友達にまで声をかけてしまったり・・・。結婚式はその日限りのものですが、人間関係はそれから先もずっと続いていくものです。「友達を招待する」という意味をよく考えたうえで、相手の人としっかり相談して決めたいものですね。

「何人」と決める必要性があるケースとは?

ですが、いくら時代が変わってきているとはいえ、結婚式は現在も大切なセレモニーのひとつです。両親やお相手のご両親次第では、形式にこだわった式を大切に考えているケースも存在します。その場合は、これから始まる結婚生活の大切なスタートとなる結婚式に不要な問題ごとを抱えることにならないよう、事前にしっかりと打ち合わせをすることが必要です。招待したい友達の人数が多すぎてどうしても決めかねてしまう場合は、友達のみの小さなお祝いの席を別に作ることも解決策のひとつです。逆に、招待したい人数が少ない場合は、人数合わせのために特別親しくない人を招待することはおすすめしません。その分親族の席を増やしたりなど、友達の招待人数にこだわりすぎないことが必要です。

どんな結婚式がしたい?

招待人数を決める前にまず必要なことは、「どんな結婚式がしたいか」ということです。自分たちの希望を叶えられる今どきの結婚式スタイルの人も、ご両親の意向を取り入れた伝統的な結婚式スタイルの人も、大切なのは2人の共通の思いです。もちろんマナーやルールは大切ですが、両家で人数を合せるのがどうしても難しい場合には、2人でその解決策をいかに考えることができるかが大切です。あくまで、結婚式の目的は「お祝いの場」です。人数合わせが第一の目的とならないよう、2人でしっかりと話し合いたいものですね。

まとめ

今どきの結婚式は、家族のみや友人のみの、小さなスタイルも人気のようです。確かに、大切な人たちだけでのお祝いの場は、リラックスして楽しめる記念の一日になりそうでステキです。招待人数に頭を悩ませるくらいなら、そういった心から楽しめる結婚式のスタイルを選ぶこともいい方法だと個人的には思います。結婚式に招待される側としては、特別親しくない人からの招待は、もちろん喜ばしいことですが、多少の違和感を感じてしまうものでもありますよね。招待したこちら側としても、なんだか気になってしまいます。わたし個人としては、いっそ「呼ばない」という、人数にこだわりすぎないことが大切に感じます。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ