その答えはここにある!

アンサー119

靴下のお洗濯、別に洗わないとダメ?一緒でもOK?

   

靴下のお洗濯、別に洗わないとダメ?一緒でもOK?

お洗濯は家仕事の中でも「繰り返し」の多い家事のひとつです。家族が多いような家では、日に何度も洗濯機を回すというご家庭も多いですよね。スイッチひとつで洗濯機が洗ってくれるとはいえ、洗剤や柔軟剤を用意して、洗ってそれを干して取り入れて、たたんでしまって・・・と意外と大変。そしてそれが毎日繰り返されます。できるだけ手間をかけたくないところですが、靴下とタオルや衣類を一緒に洗うなんて考えられない!ということで、分けて別に洗濯をするというご家庭も。その場合、洗濯の回数も手間ももちろん増えてしまいます・・・。義理の実家への訪問や、結婚されたばかりの夫婦、友達とのおしゃべりなどで、わが家なりの常識にちょっと驚いたという経験をされた方も多いのでは。靴下のお洗濯は別に洗わないといけないのか??そこで、この靴下のお洗濯問題についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


靴下のお洗濯、どうしてますか?

ちなみにわが家は2人家族、一緒に洗っています。2人分なのでそもそも洗濯物の量自体もそう多くなく、その中でわざわざ分けて洗濯することも不経済だとも思うのも理由のひとつです。お洗濯について調べてみると、一緒に洗う派と、靴下は下着やタオルを一緒に洗いたくないので分けて洗う派、タオル以外は全部一緒に洗う派、などそれぞれの家庭でこだわりやルールがあるようです。なかには、靴下は手洗いするというご家庭もいらっしゃいました。手間や時間をかけても靴下をあえて別に洗うその理由・・・一緒に洗う派のわたしとしては興味深いです。

靴下を別に洗濯する人の意見とは?

靴下を別に洗濯する大きな理由として、顔や体を拭くタオルと、足に履く靴下を一緒に洗濯したくない!という理由が多いようです。このような意見をもつ人は同じ理由で下着も別に洗う派が多いようです。感じ方はそれぞれですが、一緒に洗う派よりも靴下を「汚れもの」として捉えている人が多いようでした。わたし個人としては、靴下ってそんなに汚れているか・・・?とも思うのですが、もし家族が多く洗濯物の量も多いため、そもそも洗濯を分けて洗わなければいけないような場合ならば靴下や下着・タオルを分けて洗うように思います。

別に洗わなくてはいけないの?

靴下は別に洗わなくてはいけないのか??個人の好みやこだわりが深く関係しているため、この問題にはもちろん正解はありませんが、個人的には納得できる答えがありました。洗剤には、「再付着防止剤」または「分散剤」とよばれる成分が入っています。これは、一度落ちた汚れが再び衣類に付着することを防止する成分です。この成分が汚れと繊維に作用して電気反発力を高めることで、落ちた汚れは洗浄液の中に留まることができるそうです。とうことは、汚れ移りの心配はそう神経質にならなくても大丈夫!!とはいっても、あくまで個人の好みやこだわりの問題なので、分けての洗濯が苦にならないようならばもちろん分けて洗うこともOKです。

気になる人のための簡単な洗濯法

洗剤の汚れ移り防止の成分は分かったけど、やっぱりちょっと気になる・・・でも分けて洗う手間はかけたくない・・・という人におすすめなのは、いつものお洗濯にちょっとだけプラスする方法です。
・洗濯機に入れる前に、汚れが気になるものにだけ直接洗剤をかけて洗濯機に入れる。
・靴下や下着など気になるもの専用のバケツを用意する。洗剤を溶いた水の中に洗濯機に入れるまでつけ置く。
分けて洗ったり、それぞれを手洗いするよりは効果を感じないかもしれませんが、このちょっとしたひと手間で、一緒に洗う派にはよりキレイを実感できるはずです。

別に洗濯する場合のデメリットは?

別に洗濯をするメリットとしては洗う側の満足感と清潔さですが、デメリットとはなんでしょうか?それは、かかる手間ももちろんですが、ずばり電気や水道の料金です。洗濯は毎日繰り返される家仕事であり、それにはその分かかる水道光熱費も膨らんでいきます。このデメリットと相談して、わが家にとってのベストな洗濯のバランスを考えることが必要です。

まとめ

わたしは実家でも靴下を分けて洗う家庭ではなかったため、特になんの意識もなく一緒に洗濯をしていました。ですが、確かにあまりにも汚れたものや、作業着、マット類などは一緒に洗うのには抵抗があります。個人的には洗剤の「再付着防止剤」の存在を知ってからは日常のお洗濯においてはなんの疑問もありませんが、それでもひどく汚れたものはやはり一緒に洗う気にはなりません。つまり、何を一緒に洗ったり分けて洗ったりするのかは洗濯する側の意識次第ということです。かかる手間や費用に納得できる、わが家なりのお洗濯で間違いがないのだと思います。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ