その答えはここにある!

アンサー119

靴下のお洗濯、別に洗わないとダメ?一緒でもOK?

   

靴下のお洗濯、別に洗わないとダメ?一緒でもOK?

お洗濯は家仕事の中でも「繰り返し」の多い家事のひとつです。家族が多いような家では、日に何度も洗濯機を回すというご家庭も多いですよね。スイッチひとつで洗濯機が洗ってくれるとはいえ、洗剤や柔軟剤を用意して、洗ってそれを干して取り入れて、たたんでしまって・・・と意外と大変。そしてそれが毎日繰り返されます。できるだけ手間をかけたくないところですが、靴下とタオルや衣類を一緒に洗うなんて考えられない!ということで、分けて別に洗濯をするというご家庭も。その場合、洗濯の回数も手間ももちろん増えてしまいます・・・。義理の実家への訪問や、結婚されたばかりの夫婦、友達とのおしゃべりなどで、わが家なりの常識にちょっと驚いたという経験をされた方も多いのでは。靴下のお洗濯は別に洗わないといけないのか??そこで、この靴下のお洗濯問題についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


靴下のお洗濯、どうしてますか?

ちなみにわが家は2人家族、一緒に洗っています。2人分なのでそもそも洗濯物の量自体もそう多くなく、その中でわざわざ分けて洗濯することも不経済だとも思うのも理由のひとつです。お洗濯について調べてみると、一緒に洗う派と、靴下は下着やタオルを一緒に洗いたくないので分けて洗う派、タオル以外は全部一緒に洗う派、などそれぞれの家庭でこだわりやルールがあるようです。なかには、靴下は手洗いするというご家庭もいらっしゃいました。手間や時間をかけても靴下をあえて別に洗うその理由・・・一緒に洗う派のわたしとしては興味深いです。

靴下を別に洗濯する人の意見とは?

靴下を別に洗濯する大きな理由として、顔や体を拭くタオルと、足に履く靴下を一緒に洗濯したくない!という理由が多いようです。このような意見をもつ人は同じ理由で下着も別に洗う派が多いようです。感じ方はそれぞれですが、一緒に洗う派よりも靴下を「汚れもの」として捉えている人が多いようでした。わたし個人としては、靴下ってそんなに汚れているか・・・?とも思うのですが、もし家族が多く洗濯物の量も多いため、そもそも洗濯を分けて洗わなければいけないような場合ならば靴下や下着・タオルを分けて洗うように思います。

別に洗わなくてはいけないの?

靴下は別に洗わなくてはいけないのか??個人の好みやこだわりが深く関係しているため、この問題にはもちろん正解はありませんが、個人的には納得できる答えがありました。洗剤には、「再付着防止剤」または「分散剤」とよばれる成分が入っています。これは、一度落ちた汚れが再び衣類に付着することを防止する成分です。この成分が汚れと繊維に作用して電気反発力を高めることで、落ちた汚れは洗浄液の中に留まることができるそうです。とうことは、汚れ移りの心配はそう神経質にならなくても大丈夫!!とはいっても、あくまで個人の好みやこだわりの問題なので、分けての洗濯が苦にならないようならばもちろん分けて洗うこともOKです。

気になる人のための簡単な洗濯法

洗剤の汚れ移り防止の成分は分かったけど、やっぱりちょっと気になる・・・でも分けて洗う手間はかけたくない・・・という人におすすめなのは、いつものお洗濯にちょっとだけプラスする方法です。
・洗濯機に入れる前に、汚れが気になるものにだけ直接洗剤をかけて洗濯機に入れる。
・靴下や下着など気になるもの専用のバケツを用意する。洗剤を溶いた水の中に洗濯機に入れるまでつけ置く。
分けて洗ったり、それぞれを手洗いするよりは効果を感じないかもしれませんが、このちょっとしたひと手間で、一緒に洗う派にはよりキレイを実感できるはずです。

別に洗濯する場合のデメリットは?

別に洗濯をするメリットとしては洗う側の満足感と清潔さですが、デメリットとはなんでしょうか?それは、かかる手間ももちろんですが、ずばり電気や水道の料金です。洗濯は毎日繰り返される家仕事であり、それにはその分かかる水道光熱費も膨らんでいきます。このデメリットと相談して、わが家にとってのベストな洗濯のバランスを考えることが必要です。

まとめ

わたしは実家でも靴下を分けて洗う家庭ではなかったため、特になんの意識もなく一緒に洗濯をしていました。ですが、確かにあまりにも汚れたものや、作業着、マット類などは一緒に洗うのには抵抗があります。個人的には洗剤の「再付着防止剤」の存在を知ってからは日常のお洗濯においてはなんの疑問もありませんが、それでもひどく汚れたものはやはり一緒に洗う気にはなりません。つまり、何を一緒に洗ったり分けて洗ったりするのかは洗濯する側の意識次第ということです。かかる手間や費用に納得できる、わが家なりのお洗濯で間違いがないのだと思います。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ