その答えはここにある!

アンサー119

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

   

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

年末近くになると職場やバイト先で年末調整を書いて出すようにいわれます。毎年恒例のことなのですが、案外と書き間違えたりミスをしたりと、正しい内容に訂正するとなると何かと面倒ですよね。そこで今回は、年末調整の書類を訂正する時の注意点について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


年末調整の書類で記入ミスしたら訂正はどうすれば?

年末調整の用紙は、文字の間違いをした際、ミスしてしまったところを線で消して、訂正印を押すとのことです。でも、ホワイトの修正液などを使って、間違えた箇所を直してはいけないのでしょうか?また、記入する用紙には、両面に印刷のされているものとコピーされたものの2種類があるのはどうしてなのでしょう?疑問に思って調べてみることにしました。すると、年末調整の記入用紙は、間違ったら二重線を引き必ずその上に印鑑を押すようにとのことでした。また、修正液の使用は不可なのだそうです。それと用紙については、コピーされたものは会社の保管用だということが分かりました。

年末調整とは?確定申告と違うの?

確定申告は、個人で収入や経費などの計算をして税金を納めます。年末調整はといえば、会社が社員の一年間の給料から税金を計算し、すでに給料から源泉徴収している所得税の合計から、払いすぎた税金を精算することで納税終了とするシステムをいいます。(ほとんどの人が、納めすぎた税金が還付されることになる)ですから、会社員のほとんどは年末調整をして税金を納めたことになるので、あらためて確定申告はいりません。ここで、なぜ毎月税金を源泉徴収しているのに、あらためて年末に計算をするのかと不思議に思う人もいるかと思います。なぜなら、ほとんどの場合、源泉徴収した所得税の合計はその人が本来納める所得税額と同じでないからです。例えば、扶養家族の人数が変ってもそれより前に遡って所得税を再計算をしません。そのため、毎月の所得税はあくまで概算の金額ということになり、年末に再計算を行うことにます。

書類はミスしたら訂正して必ず印鑑を押す

%%%

年末調整を書く時は、誤字や記入ミスなどがあった場合は、間違った箇所に二重線を引いて書き直しをします。また、間違えた箇所には忘れずに訂正印を押すようにします。そして、正しい内容はその上にあらためて書くようにします。ここで使用する訂正印なのですが、シャチハタなどの認め印では不可という場合がほとんどです。 年末調整は、個人の情報が多く記載されている大事な文書ということになります。大事な文書を訂正するのには、正式な印鑑である「実印」というのが不可欠となります。ですから、誤った字や内容の上に誤った印鑑を押したのでは、認めてもらえないので注意するようにします。

出した後に修正が必要な場合もある年末調整

年末調整の期間は、1月1日から12月31日となります。でも、普通は11月中に書き終えてしまい、その後、年末までに結婚や出産などで、または離れていた両親と一緒に暮らすことなどで扶養家族が増えたりした場合には、修正をしなければなりません。

また、配偶者の収入が変わった場合も修正が必要となります。配偶者控除とは、収入が決まった額より少ない配偶者は世帯主に扶養されているとみなされ、所得税が安くなる仕組みのことです。適応されるのは、配偶者の年間所得の合計が38万円以下であるということです。配偶者が給与をもらっているのであれば、これに給与所得控除の65万円をたした103万円以下ならば適用となります。しかしながら、書いた時点ではあくまで見込み額となるため、当然103万円を上回ってしまうことがあります。

修正ができるのはいつごろまでなの?

年末調整の修正を職場でする期限は、会社が源泉徴収票を社員に発行する翌年の1月末日までとなります。この期間までなら、会社の担当部署に申し入れれば修正ができます。ただし、担当部署としては、すでに終わっているはずの作業を再度しなくてはいけないので必ずしも歓迎はされないと思います。

担当部署の人たちに、嫌われるようなことをしたくないのなら、「確定申告を自分でする」という方法があります。会社からもらった源泉徴収票を使って申告用紙の記入を自分で行います。また、年末調整では対処し切れない雑損控除や医療費控除などの申告もできます。

まとめ

年末調整の書類の訂正は、間違った箇所に二重線を引き印鑑を押す。また修正は、源泉徴収票をもらう1月末までは職場できることが分かりました。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ