その答えはここにある!

アンサー119

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

   

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

犬や猫などの動物により赤ちゃんが、アレルギー症状を起こす場合があります。赤ちゃんは犬や猫と一緒に暮らすと、アレルギーになりにくいなんていわれているのに心配ですよね。そこで今回は、赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーになったらどうしたらよいかについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


アレルギーとは何?原因は何なの?

私たちの体には、外部から侵入する異物を排除しようとする「免疫」という機能があります。免疫とは、ウイルスや細菌から体を守る大切な仕組みのことです。でも、時に免疫が過剰に働いてしまい、食べ物やホコリや花粉など、特別体には害の無いものにまで反応し、逆に体に害を起こすことがあります。これがアレルギーです。

アレルギーは、体に入った異物に対して「IgE抗体」というタンパクを作ることからまじめます。IgE抗体は、目、鼻、皮膚、腸などの粘膜にある「肥満細胞」に結合し、再び体に異物が入ると反応して、かゆみや鼻水などの症状を引き起こす原因物質を作り出します。この結果様々なアレルギー症状が現れます。アレルギーを起こしやすい体質は、遺伝する傾向が多いとされています。

アレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。アレルゲンは私たちの身のまわりのいたるところに存在します。食べ物として体内に入ってアレルギーを引き起こすのが「食物アレルゲン」です。卵、乳製品、小麦などが多いのですが、魚、ピーナッツ、果物などのアレルギーも近ごろは増えています。

ホコリ、ダニ、花粉、動物のフケや毛など、吸い込んだり触れたりすることによってアレルギーを引き起こすアレルゲンもあります。アレルゲンとなる物質は人によって異なり様々です。1人が複数の原因アレルゲンを持つ場合もあります。

赤ちゃんの動物アレルギーとは?

赤ちゃんに限ったことではないのですが、動物アレルギー反応を示す人も多くいます。動物アレルギーは、動物の毛や皮膚の糟、唾液、尿などをアレルゲンにして引き起こす反応です。よく聞くのは、くしゃみや鼻水が止まらない、目がかゆいという症状です。

でも、中にはアナフィラキシーというショック症状を引き起こし、命に関わる場合もあるので注意しなければなりません。あらゆる動物が、アレルギーの原因となる可能性があります。室内で飼われている猫が一番多いのは、猫はお風呂に入れることが少ないので、フケや皮膚の糟が出やすいからだといわれています。

動物アレルギーの症状では、気管支喘息とアトピー性皮膚炎が多く現れています。家でペットを飼っている場合、ペットの皮膚の糟や抜け毛の他に、ホコリやダニがニ次的に発生する可能性が大きくなります。ペットを洗うこと、部屋を掃除すること、両方の必要性があります。ペットは外で飼う、出入りできる部屋を限定する、ペットを手で触ったらすぐに手洗いをするといった対策を行うようにします。

犬猫アレルギーは検査をどこでするの?

犬猫アレルギーの検査は、アレルギー科、またはアレルギーの検査ができる科のある病院で検査ができます。アレルギー検査は、食べ物や花粉やハウスダストが中心となります。犬猫アレルギーの検査ができるかどうかは、病院で確認することが必要です。

保険が適用になるかどうかは、アレルギーの症状や病院の判断により変わって来ます。例えば、犬猫アレルギーの症状が出ている、または可能性が高いと判断されれば、保険が適用されることもあります。検査方法により費用も違ってくるため、5,000円ほどは見ておきましょう。

検査には、血液を採取する血液検査と、アレルギーの原因となる物質を肌に接触する皮膚検査の2種類があります。検査の多くは、数値で判断できるRASTと呼ばれる血液検査で行われます。

犬猫アレルギーは予防できるものなの?

赤ちゃんの情操教育には、ペットを飼うのがいいと考えるご両親がたくさんいると思います。ペットとはまるで兄弟のように遊んだり、触れ合ったり、想像するだけでもほほえましくなります。ペットと一緒に過ごすことで、赤ちゃんには愛情表現や命の大切さを学ぶ良い機会といえます。

でも、ペットを飼うということには、リスクが出る場合もあります。その代表が、動物アレルギーです。飼いはじめたばかりの頃は何ともなくても、数ヵ月過ぎたあたりから咳が止まらなくなり、検査すると気管支喘息だったということがあります。

これは、毛足の長いペットの毛が、原因となる場合が多いようです。ご両親が動物アレルギーを持っていると、赤ちゃんにも同じようにアレルギーがある場合があります。どうしてもペットを飼いたい場合には、毛足が短い、抜け毛が少ないなど、ペットを慎重に選ぶことが予防の1つとなります。

アレルギーになったら対応策は何?

赤ちゃんが、犬猫アレルギーの症状を発症してしまった場合、犬や猫と接触させないようにするのが一番の対策です。でも、すでに室内で飼っている場合は、赤ちゃんと犬や猫が同居できるよう、以下のポイントに注意します。赤ちゃんが、アレルゲンに触れる機会をできるだけ減らすようにします。

■赤ちゃんと犬や猫の居住スペースを分ける
赤ちゃんが成長するまでは、ペットを外で飼うようにしましょう。外で飼えない場合は、同じ部屋で過ごす時間を減らし、赤ちゃんの寝室には犬や猫を近づけないようにし、できる限り生活するスペースを分離します。

■定期的にシャンプーやトリミングをする
アレルギーは、動物の毛やフケを吸い込むことで症状が現れるので、定期的にシャンプーやトリミングをして犬や猫の皮膚を清潔にしておきましょう。

■赤ちゃんが犬や猫の唾液や尿などに触れないようにする
犬や猫のエサの皿はしっかり洗って片付けておきます。トイレの場所も赤ちゃんが近づけないところに設置して、目を離した隙に赤ちゃんが触れてしまうことがないようにします。

■生活空間を清潔にする
家の中の床や廊下の掃除を定期的に行います。掃除すれば、ペットの毛やフケが舞い上がって、赤ちゃん吸い込んでしまうリスクを減らせます。カーテンにアレルゲンが付着すると、窓を開けて空気を入れ替えする時に、部屋にアレルゲンが飛散してしまうことがあるので、特にカーテンはまめに洗濯をしてください。

まとめ

赤ちゃんが犬猫アレルギーになったら、赤ちゃんがペットと快適に暮らせる環境を作り、赤ちゃんが原因となるアレルゲンと接触しないようにすることが大切だと分かりました。

 - 健康

ページ
上部へ