その答えはここにある!

アンサー119

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

   

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危ない目に合ったことありませんか?犬がいることを知らせるライトもいりますが、飼い主の方も存在を車や自転車に分かってもらえるようにしないと危険です。

暗い夜道でも安心して犬を散歩させられるように、飼い主が注意するべきことは何でしょうか?そこで今回は、犬を散歩させる時のライトはどうしたらよいか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


安心して犬と散歩するのに必要なライトは2種類

夜に安心して犬と散歩するためのライトには、2種類あります。1つ目のライトは、まわりからの視認性を高めるのが目的のライトです。また、2つ目のライトは、視界の明るさを確保するのが目的のライトです。

どちらのライトも、遠方から飼い主と犬の存在を見て分かるのが目的となります。夜の散歩は、飼い主も犬も危険がいっぱいです。夜にライト無しでは自動車や自転車からは暗くて分かりません。少しは見えているだろうは単なる思い込みで、実際はギリギリまで近づいても見えていないことが多いのです。

ライトが無かったための事故として、自転車から見えなかったために、誤って散歩中の飼い主と犬のリードの間を自転車が通過しようとして転倒して大怪我をしたという事例があります。夜に事故が発生する確率は、昼間の10倍だともいわれています。そのため、飼い主と犬の存在が明確にまわりから見えるようなライトを選びたいもです。

夜に犬と散歩するのにライトがあると便利

暗くても存在をアピールできるライトには、大きく分けて3種類あります。まず犬の首輪から吊り下げるキーホルダータイプのライト。次に犬の首輪そのものが光るライト。そして、リードタイプのライトです。

その中で一番のおすすめは、リードタイプのライトです。理由としては、リードタイプのライトは、常に動きがあって遠い場所からでも視認されやすいからです。念には念をという人には、光る首輪型のライトと光るリードライトを合わせて使えば効果倍増です。

犬は、暗くても見えるので歩く時は、視界を確保してやる必要がないことをご存じでしたか?暗い夜道で視界確保が必要なのは飼い主の方で、ヘッドライトや小型のLEDライトが便利でおすすめです。

特にCREE社製ハイパワーLED「XLamp XP-E Q5」全方位型ライトは、手のひらサイズとコンパクトでも200ルーメンと明るさも確保できて文句の付けようがありません。

自転車用で犬のライトを代用してもいい

飼い犬を散歩させる道が、サイクリングロードになっている場合があります。その場合は、、多くの自転車やジョギングするする人たちとすれ違うことになります。夜の暗い中の散歩となれば、地面に近いところにいる犬は、ジョギングする人や自転車乗りの人たちに早く認識してもらえるよう、犬の首輪にライトを付ける必要があります。飼い主の中には、犬の首輪そのものが光るタイプものを付けている人もいたりします。

そんな専用のライトが無くても夜の散歩では、自転車用のライトで代用することができます。自転車用ライトは、雨などの対策がなされており、ちょっとくらい川に浸かったり水溜まりに飛び込んでも壊れない防水機能が付いています。また、自転車用ということなので、多少の振動では壊れにくいという特徴があります。これほど犬に使うのに適したライトはないと思えるほどです。

LEDライトは飼い主には欠かせない

夜に犬と散歩するのなら、夜だけに、無いと(ナイト)不便!無いと(ナイト)困る?これぐらいでダジャレは止めナイト。さて、夜に犬を散歩させる場合には欠かせないアイテムであるライトですが、より性能の優れたライトは何かと調べたことがあります。

その結果、市販されているLEDライトの性能がかなり向上していることが分かりました。かつては、ライトといえば懐中電灯で世に知られているマグライトでした。これまでLEDライトは、マグライトの性能にははまるで及びませんでした。でも、進化した最近のLEDライトは、明るさの点でも携帯性の点でもマグライトよりも優れていることが分かりました。

夜に犬と散歩するなら、安全対策には断然LEDライトがおすすめです。LEDライトは、犬の首に巻き付けて点灯させると、遠くからでもよく見えるで、暗い夜道を散歩する時は最適といえます。

おすすめのLEDライトで夜の散歩の安全対策を

LEDライトを軍用から改良して作た製品があります。それは、デンマークOrbiloc社が開発した「犬のLEDセーフティー・ライト」(sumainu)で、頑丈、防水、長寿命が大きな特徴です。オプションのマジックテープのベルト、クリップで、首輪、リード、ハーネスなどに装着して使用します。カラーはホワイト、レッド、ブルー、グリーン、イエローの5種類。ペットグッズ販売の担当者に、その性能のスゴサを聞いてみました。

「暗いところで最長5キロ先の遠距離からも犬を確認できるだけでなく、ある程度の高さから落としても、踏みつけてしまっても壊れにくい設計になっています。さらに、水深100メートル防水、水の中でも発光力が弱まることはありません。耐熱温度も50度~マイナス40度まで、LEDの寿命は40年以上と驚異的です」

まとめ

夜は暗いので視界の確保のためライトが必要なのは、犬よりもむしろ飼い主でした。また遠くからでも存在を車や自転車から認識してもらえる明るいライトを、犬も飼い主も付ける必要があることが分かりました。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ