その答えはここにある!

アンサー119

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

   

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

猫は日中に眠ってばかりいますから、夜型だとばかり思っていました。でも、猫は早朝と夕刻に最も活発になるのだそうです。もし飼い猫がステロイドを飲むことになった場合、飲むのは人間や犬と同じで効果はあるのでしょうか?そこで今回は、猫がステロイドを飲む時間はいつがいいかについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


猫がステロイドを飲むのは夜がいい?

ステロイドは、動物の治療では一般的に使用される薬剤です。低用量であれば炎症を抑えるため、高用量であれば免疫を抑制するために使われています。そのため猫の場合であっても、小さな炎症から免疫疾患までとステロイドの適応症は幅広くあります。それでは与える時間帯はいつが効果的でしょうか?人間の場合は、食事をした時に副腎皮質刺激ホルモンが増加し、それにともない血中のステロイドホルモンが増加をします。また深夜に低い値となり、早朝にピークのた高い値となる日内変動があります。そのため、1日1回の投与の場合は朝が望ましいとされています。犬も、朝になると高い値となり、逆に猫は夜に高い値となるといわれています。ですから、犬は朝に、猫は夜に投与するのがのぞましいとされます。でも、効果にはもちろん差があります。それに飼い主の生活様式などで活動する時間も違って来ますし、食事のタイミングや頻度など、日内リズムはそれぞれが違うと思われます。

ステロイドとは何に使用されるもの?

動物の体内には、腎臓の上の部分に副腎皮質から出るコーチゾンという名前のホルモンがあります。これと同じような働きするものとして、人間が作り出したのがステロイドです。

■アレルギー性気道疾患
気管を拡張し炎症を抑える作用と免疫抑制作用があるので、咳などの症状に使用されます。

■アトピー性皮膚炎
アトピーのかゆみ止めや免疫抑制剤として、抗生物質と合わせて使用されます。

■抗炎症剤
炎症の原因を抑えることで、血小板の活性を抑制するために使用します。

■抗ガン剤
ガン細胞自体を抑える効果はないのですが、ガン細胞から出される毒素をやわらげる効き目が期待できます。

ステロイドは副作用があると聞きますが大丈夫?

ステロイド与えることで副次的に起きうるものとしては、普通食欲増進や利尿作用からくる尿の増加があげられます。与える量が多すぎると、利尿作用により脱水症状になります。長期にわたる投与の場合には、脂肪肝になることが多いようです。その他に、ステロイドは毛根をふさいでしまう作用があるため脱毛になることもあります。副作用のひどいものには、医原性の糖尿病があげられます。ただし、長期的に与えたための副作用とは違います。

猫はステロイドに強いため副作用は心配ない

猫には、ステロイドにはいくらか強い性質があり、もしろ副作用が出やすいのが人間、次が犬となり、続いて猫なのだそうです。副作用については、むしろ使う濃度によって起こるケースが考えられます。おもなものとしては、

・プレドニゾロン:強さ4(1日間持続)
・トリアムシノロン:強さ5(1週間持続)
・デキサメサゾン:強さ25(1〜2日持続)

使用するステロイドには違いがあるため何を使用しているか、獣医師にしっかりと確認することをおすすめします。

ステロイドは飲む時間より水を後で飲ませるといい

飼い猫に与えた薬がどれほどのスピードで胃まで達するかを調べた研究があります。それによると、薬の後に水を飲ませなかった場合、36.7%が5分すぎても胃まで薬が届いていませんでした。水を飲ませた場合は、100%が1分のうちに胃まで流れ着いていました。その結果として、薬の後に6ミリリットルの水を飲ませることで、食道に薬が詰まったりすることを大幅に回避できるとしています。

ステロイドを飲ませた後は、5ミリリットル(小さじ1杯)程度の水を飲ませることが奨励されています。飲んだ後にバターを鼻先に付けてなめさせると、薬が胃に達するまでが短くなるとしている研究もあります。(バターのやりすぎは肥満の原因になります)ステロイドは、飲む時間も大事ですが、飲んだ後に水を飲ませると効果が早いことが分かりました。

まとめ

猫にステロイドを与える時間は、1回与えるなら夜だということが分かりました。でも、2回のケースもあるので、もらった病院で先生によく確かめて飲ませるようにしましょう。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ