その答えはここにある!

アンサー119

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

   

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれることがあります。また、新しく医療保険などに加入する時に必要になることもあります。私たちがもらう診断書とは、どのようなことが書かれているのでしょうか?そこで今回は、病院で書いてもらう診断書の内容について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


病院でもらう「診断書」とはどのようなもの?

「診断書」とは、医師が証明書として患者につい記す文書をいいます。患者の病気の症状や怪我などについて、手術などの方法などについて、また、どれくらいの期間の入院が必要かやどれくらい治療時間か見込まれるかなどについてを証明するために「診断書」を発行します。その他にも死亡診断書のようなものもあります。また、医療保険の手続きをするために必要とすることもあります。
作成ができるのは医師に限られており、薬剤師や看護師など人たちや一般の人たちが作成すると処罰されれることになります。

病院でもらう診断書はどんな場合に要るの?

診断書は、生活の中のさまざまな局面で用いられています。そして、書式も使われ方も発行の手続きの方法も違っています。そこで診断書には、どのようなものがあるかをあげてみることにします。

・就職や入学などで健康状態を知るためのもの

・病気や怪我で入院や治療を受けた時、会社や学校に提出するもの

・交通事故にあった時、警察に提出するためのもの

・傷病手当・労災保険の給付を受けるため保険組合などにへ提出をするためのもの

・身体障害者手帳や難病指定の書類の申請のためのもの

・生命保険会社へ提出するためのもの

診断書の内容は何が書かれているの?

診断書は、病気や怪我について医師が診断名などの事項を記して証明をする文書のことです。いつからいつまで入院した、あるいは治療したということを記載したりしています。その内容は、病院や保険会社などによって異なりますが、主に次のような事項があげられます。
 
①患者について
②これまでにかかった病気
③診断名と発症日
④主訴および初診時の所見
⑤病状経過
⑥手術名と手術日
⑦処方の内容
⑧入院の期間
 
これらは、どれも共通して記載されています。診断書は、必要項目を記入し、証明をするという意味の印鑑を押して完成となります。

発行してもらうための手続きはどうすればいい?

診断書がほしい場合に、発行してもらえるまでの手続きは、病院によって異なって来ます。

まず、クリニックなどの小さな診療所の場合は、医師が診察中にその場で作成してくれる場合がほとんどです。一方で、総合病院や大学病院などの大病院では、各種証明書を発行する専門の窓口があるので、そこで申し込みの手続きをします。通常こういったところでは、発行まで何日間もかかるため、緊急にほしい場合には不向きだといえます。(郵送してもらって受け取ることもできる)どうしても急いでいてその日のうちにもらいたい場合や、書いてもらう事柄を詳細に伝えたい場合は、医師がすぐその場で書いてくれるところを探すのが得策です。

費用はどれくらい?内容によっては料金が違って来る?

診断書にかかる費用は、保険がきかないため病院によって金額が違います。通常の金額は、3,000円から8,000円ぐらいです。とある調査によると、料金の全国平均は4,727円で、一番低い金額は1,050円、高い金額は15,750円だったとのことです。発行するまでにかかる時間も病院によって違って来ますが、およそ2週間ぐらいかかると思われます。

診察した医師が作成をすることになっており、医師は診療の暇を見ていくつかを作成しなければなりません。そのためにある程度の時間がかかるのも仕方のないことだと思われます。ただ、すぐに会社を休まなくてはいけない時などで、記載する事項も簡略化できるケースでは、その日に受け取ることができる場合もあります。

まとめ

病院で発行される診断書は、用途や提出先によって書かれている内容や料金が違うことが分かりました。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ