その答えはここにある!

アンサー119

前歯の虫歯の治療方法とは?痛いってホント?

   

前歯の虫歯の治療方法とは?痛いってホント?

虫歯ってイヤですよね・・・。痛いし、治療はコワイし、第一見た目にも良くない・・・。特に前歯の虫歯は、鏡を見ても目に入るし、人と話しているときにも気になります。普段から見えている場所なだけに、歯医者さんで治療をしたらどうなってしまうのかも気になるところです。また、前歯の治療は痛いというウワサも聞いたことがありませんか?治療をする前に、不安や心配なことは少しでも解消しておきたいものですよね。そこで、歯科医院に勤務した経験から前歯の虫歯の治療についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

マンションとアパートはどっちがいいか比較してみた

一人暮らしを始めるにあたってまず、不動産屋で自分に合ったアパ...

コートをクリーニングに出し忘れると起こる悲惨な現状とは?

ついうっかりして、ワンシーズン着たコートをクリーニングに出し...

カビ取りには片栗粉が便利!テレビで紹介されたカビ取り方法

片栗粉といえば料理の調味料ですが実は片栗粉には調味料以外にも...

イギリスで人気のブランド靴!

イギリスといえばみなさんどんなイメージがありますか?私は勝手...

タオルを洗濯しても臭い原因と3度訪れる悪臭タイムに注意

良い匂いでフワフワのタオルを期待していたのに、いざタオルを使...

登山用品ブランドは日本製がおすすめ!

登山専門店に行くと、目移りしてしまうほど沢山ある色とりどりの...

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

スポンサーリンク


その前歯の虫歯、どの程度ですか?

まず最初にチェックしてほしいのが、その前歯の虫歯の程度はどのくらいものでしょうか?あきらかに目に見えて前歯の形が変わってしまっている、何もしなくてもしみたり痛んだりする、痛みはまったくないけれどよく見ればなんだか黒ずんでいる、最近前歯に食べ物がはさまりやすい・・・などなど。虫歯と呼ばれる状況はさまざまで、それによって治療の内容も変わってきます。まずは、自分の虫歯の状況をしっかり把握しましょう。

前歯の治療が痛いってホント?

このウワサ、聞いたことがありますか?わたしも歯科医院で勤務していた当時に患者さんから何度か質問を受けた覚えがあります。これは、虫歯の治療が痛い、というわけではないんです。歯医者さんでの治療では、痛みを感じないように麻酔をして治療をしますよね。この麻酔は針を使って注射をするわけですが、奥歯に比べると神経の関係上麻酔の際の痛みを感じやすいと言われています。ここで考えてほしいのが、「感じやすい」ということです。前歯だから絶対に痛いというわけでは決してありません。歯科医院によっては、麻酔の前に塗るタイプの麻酔薬で緩和をしてくれるところもありますので、痛みが心配な方は事前に相談してみるといいですね。また、軽度の虫歯の場合には麻酔事態の登場がない場合もありますので、痛みが心配な人こそ早めの治療がおすすめです。

前歯の治療方法とは?

虫歯の進行状況によって治療方法は異なります。痛みもない軽度の虫歯の場合の多くは、欠けた部分をコンポレットレジンと呼ばれるもので補うことで治療ができます。このコンポレットレジンとは、歯の色に近い樹脂でできています。光を当てることで固まる素材で、歯の欠損部分を補うとき・固めるとき共に痛みはありません。歯の色に馴染むよう、いくつかの色の種類も存在します。痛みもなく、治療自体にも時間がかからないので、初期の虫歯の段階で治療をすることがこのことからもおすすめです。
痛みがある場合、欠損部分が大きい場合には、歯の表面的な治療だけではなく神経の治療が必要になります。欠けた部分を補うために、より強度な素材で冠を入れる必要もでてきます。

その虫歯治療、保険でできるの?

軽度の虫歯治療の場合は、ほとんどが保険診療の対象になります。小さな虫歯部分を補うコンポレットレジンでの治療も保険治療となります。保険での治療となるので料金は安心ですが、レジンの素材上、時間の経過とともに場所によっては色が変色しやすいという問題点もあります。これはレジンが汚れを吸着することで黄色っぽく変色しやすいためですが、定期的な歯科検診などでお口の中を清潔に保つなどの工夫をすることで変色を遅らせることも可能です。また、欠損部分が大きく冠を入れなくてはいけないような場合でも、保険適用内で治療をすることも可能です。これには、金属をベースとして表面にレジンを施した冠を使用します。欠損部分を補うためのレジンと同様に色が変色しやすいことと、時間の経過により中の金属の劣化で歯ぐきとの境目が黒っぽく見える場合もあります。治療にかかる費用とそのメリットデメリットをよく考え、治療を始める前に歯科医師にしっかり相談して治療方針を決定しましょう。

保険外の治療とは?

前歯の治療にレジン以外の素材を使用する場合は保険適用外の治療となります。主に使われるのがセラミックとなりますが、これはレジンに比べても自然の色に近く、見た目が大きく影響する前歯には料金以上の価値がある場合も多いです。セラミックはレジンのように時間の経過による変色もないので、審美的にも価値の高いものです。料金と相談してじっくり検討してみることをおすすめします。また、保険外の治療として有名なのが「インプラント」です。これは、保険適用での治療では左右の歯への負担があるブリッジと呼ばれるつながった冠を使用するのに対して、治療したいその前歯のみに冠を入れることができる治療法です。ほかの健康な歯に負担をかけないことは大きなメリットですが、インプラントは高額な治療になります。事前にしっかりとした説明を受け、納得のうえでの治療をしてくださいね。

まとめ

前歯って大切ですよね。自分だけではなく他人から見てもぱっと目につく部分でもあり、自信がないと素直に笑うことが難しかったりもします。できてしまった虫歯は早めに治療することが本当に大切。前歯の場合は、初期の虫歯だと歯科医師の判断で逆に目立つようなら手を加える治療をせずに経過観察という場合もあるんです。もちろん痛みはありませんし、自分ではできないお口の中のクリーニングはさっぱりとして気持ちのいいものです。治療の痛みのこわさを少なくするためにも、気になったらすぐに歯医者さんへ!をおすすめします。

 - 健康

ページ
上部へ