その答えはここにある!

アンサー119

お金って大切!結婚までに貯金はいくら必要なの??

   

お金って大切!結婚までに貯金はいくら必要なの??

結婚を考えているカップルにとって、大きな障害になりかねないのが「お金」の問題。結婚とは、これから始まる生活の大事なスタートです。気持ちだけでは順調に事が運ばないのが結婚のちょっと厳しい現実です。結婚という目標に向けて貯金を頑張っている人も、これから始めようと思っている人も、ゴールが見えているマラソンこそ頑張れるものです。では、実際にどれくらいの金額の貯金があれば安心なのでしょうか?そこで、結婚までに必要な貯金についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

マンションとアパートはどっちがいいか比較してみた

一人暮らしを始めるにあたってまず、不動産屋で自分に合ったアパ...

コートをクリーニングに出し忘れると起こる悲惨な現状とは?

ついうっかりして、ワンシーズン着たコートをクリーニングに出し...

カビ取りには片栗粉が便利!テレビで紹介されたカビ取り方法

片栗粉といえば料理の調味料ですが実は片栗粉には調味料以外にも...

イギリスで人気のブランド靴!

イギリスといえばみなさんどんなイメージがありますか?私は勝手...

タオルを洗濯しても臭い原因と3度訪れる悪臭タイムに注意

良い匂いでフワフワのタオルを期待していたのに、いざタオルを使...

登山用品ブランドは日本製がおすすめ!

登山専門店に行くと、目移りしてしまうほど沢山ある色とりどりの...

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

スポンサーリンク


結婚するにはいくら必要?

結婚とは、大好きな人と家族になるためのもの。両親や家族に祝福されて、役所に書類を提出することで結婚自体は可能です。ですが、一生に一度と思えばこそ、夢も希望も膨らむのが結婚です。指輪や挙式・披露宴・新婚旅行に新生活・・・と、新しい人生のスタートには、夢と希望の分だけ「お金」が発生します。もちろん個人差や、望んでいる結婚のカタチにもよりますが、平均的には450万〜500万くらいのお金が必要となります。え!!!と尻込みしてしまったあなたも、どうぞご安心ください(笑)。これはあくまでも「平均」です。自分たちなりの、幸せな結婚はいくらでも可能です。また、挙式や披露宴をおこなう場合は、「ご祝儀」という強い味方も存在しますのでご心配なく。両親からの援助が発生する場合もわりと多いケースなので、可能であればさりげなく事前に確認できるとより安心ですね。

どういった結婚がしたい?

結婚までの目標とする貯金額を決定する前に、一番大切なことがあります。それは、自分たちがどういう結婚をしようとしているのか、その2人の意識をお互いに共通して持つことです。一生に一度のこの大きなイベントを思う存分楽しみたい!夢を叶えたい!!と思うカップルと、あくまでも自分たちのできる範囲で結婚をしたい!というカップルでは結婚にかかる費用は大きく変わってきます。このことから、目標とする貯金金額にも大きな差が出てくるのは当然です。まずは、正しくゴールを見定めることが重要です。最近では、挙式や披露宴・新婚旅行にはこだわらないカップルも増えています。その分の費用を、充実した新生活へ使うという現実的なカップルも多いんです。大事なことは、あくまで「2人」の共通した意識です。

結婚までに必要な貯金はいくらくらい?

2人にとってのゴールが決定したら、今度は自分たちにとっての必要な貯金額が決まります。夢を叶えたい!思う存分楽しみたい!というカップルなら、やはり500万円程度は必要です。式や披露宴には、予想していた以上のお金が必要になる場合がほとんどです。結婚式場などで見積もりを出してもらった金額より実際は多く支払った・・・というケースがほとんどなのが現実です。せっかくの門出の当日に慌てることがないように、見積もり金額より余分に見積もっておいた方が安心です。また、自分たちなりの範囲での結婚を考えているカップルにもさまざまなケースがあるはずですが、一般的には新生活には150万〜200万円が必要だと考えられます。新居を借りるための費用や、新居で使う家電や家財、引っ越し費用などがその内訳です。これにも、状況によってはすでに手元にあるために必要ないという人もいるでしょう。どのような場合にも、自分たちに適した目標金額より少し余裕をもった金額を設定することがポイントです。

結婚資金を貯金する方法は?

結婚にお金が必要なことは理解したとしても、なかなか貯金が難しい・・・という人も多いですよね。そういう人にこそ、2人で共通しての貯金をオススメします。お互いの意思をひとつにするためにもこの方法はおすすめです。共通の口座を用意して毎月決まった金額を積み立てていくことは、未来を数字として目で確認できるためモチベーションも続きやすいはずです。ひとつここで重要なのは、あまり無理した金額を設定しないこと。負担を感じるようになってしまえば、せっかくの未来貯金がツライものへ変わってしまいます。個人で貯金を始めるようならば、いつのまにか貯まっている・・・という自動引き落としもおすすめです。

結婚までに必要なこととは?

ここまで、何度か触れてきたのが「2人の共通の意識」という言葉です。結婚にはお金が必要ですが、何より一番必要なのは、「どちらかだけでは結婚は成立しない」ということです。これは気持ちの上だけではなく、お金の話においても同じことが言えます。これから家族となり生活を共にしていくうえで、お金は必要不可欠な2人の問題になります。たとえ、事情がありどちらかの側しか貯金を用意できなかったような場合でも、そこに事前に2人のしっかりした話し合いや共通の意識があるのとないのでは、後々大きく違いが生まれてきます。結婚までに、大切なお金の話をしておくことは最も重要なことです。

まとめ

結婚までの貯金額には、かなりの個人差があるように感じます。わたしの周りにも、実際にまったく貯金なしで結婚をした人もいますし、その反対にわりとゆとりをもって結婚をした人もいます。あくまで個人的な感想ですが、結婚までにある程度の貯金を実行できたカップルの方が結婚後も順調に新生活を暮らしているように感じます。大切なのは、貯金額そのものというより、結婚にむけての貯金を実行できたという意識の問題なのかもしれません。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ