その答えはここにある!

アンサー119

子供は欲しくない、そんな女性の心理について?

   

子供は欲しくない、そんな女性の心理について?

女性としては結婚したら子供が欲しいと考えている方が多いと思いますが、ここ最近、結婚しても子供を作らない夫婦が多くなってきているようです。また、女性側が子供は欲しくないと考えている方が多いようです。いったいそれはどうしてなのか?その心理、理由を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


子供を欲しがらない、欲しくない女性

妊活という言葉が出てきてから、何か居心地が悪いと感じている女性が多いという。実態では「子供を欲しいと思えない」と感じているようです。

2013年の連合(日本労働組合総連合会)の調査によりますと、(男女3000名、20歳から49歳を対象)4人に1人が子供を欲しがっていないことが分かり、それを口に出すのを控えているという。

この調査では、30歳代の男性は約40%が子供が欲しくないと回答、30歳代女性は約43%が子供を欲しくない、という結果が出ました。

男性より女性の方が子供が欲しくない人が多いようですね。

どんな理由があるのか?子供を欲しくない女性心理

■子ども自体好きじゃない
・「もともと好きでなく、かわいいと思わない。世話が好きでないから。泣き声がにがて」
・「なぜかキライ」
・「苦手」

もともと子供が苦手、関心がない女性もいると思います。子供を産まないという選択も一つの選択ではないでしょうか。

■子育てができるのか不安
・「自分の幼少期が荒れていたので、もし、子どもを虐待したらと思うと』と思うことがあります。
・「まず育てる自信がない。ストレスになりそう。」
・「自分に似て育ったら可哀想そう。」

子育てに明るい未来を描けない女性たち。深い事情があるかもしれないので、まずはそちらを解決するほうが先かもしれませんね。

子育てに不安はつきものですが、様々な環境の中それぞれのトラウマのようなものを解決する方が先かもしれませんね。

■自分自身の時間を大切にしたい
・「今はもっとやりたいことがあるため」
・「夫と旅行や観光に行きを楽しみたい」
・「自分の時間を優先したい」

子供ができてしまうと、やはり自分の時間ていうものが拘束されてしまいます。やりたいことがある方は覚悟をしにくいですね。

子供が欲しくない が離婚理由になる?

離婚の理由になってしまうケースに、「子供はいらない」という場合です。夫が子供を欲しくても、妻が子供はいらないというケース。夫から見ると、えっなんで? それがきっかけで妻を愛せなくなり離婚になる場合も有ります。

また逆に、「夫が子供はいらない」というケースです。夫に子供はいらないと言われた妻は、本当に愛されているのか不安を抱きます。女性にはもともと子供を産みたいという本能が有り、それを拒否されるということは、自分自身を拒否されたと感じ次第に愛が薄れ離婚の原因になることもあります。

どちらか一方が「子供を作らない」「子供はいらない」という夫婦は、お互いにパートナーに対して少なからず不満が湧き、ゆくゆくその不満が決定的な打撃になる可能性が有ります。夫婦間の子供に対する考え方が違うと離婚のきっかけになるかもしれません。

子供が欲しい男性と欲しくない女性

話し合いは徹底的に
結婚を前提で付き合っている場合、子供に関することは早めに相手と価値観や認識を確認する。

自分は子供はいらない、欲しくないと思っているのに、相手は「子供がいてあたりまえ」という場合、価値観や認識のすり合わせをしないままゴールインしてしまうと、後々大きな問題になりえます。ですのでどうして自分が子供は欲しくないという事を素直に伝えましょう。

相手の意見もちゃんと聞く

きちんと話し合い、お互いの考えを知る事で何か解決に向かって行くかもしれません。お互い相手の話をしっかり聞き、耳を貸す事が大切です。

どうしても分かり合えない場合は、とても残念ですがその関係はゆくゆくは破綻します。子どもが欲しい人と絶対に欲しくない人が一緒にいても、どちらも不幸になってしまいます。

お互いそれぞれの道を選択するのがベストかもしれません。

子供を産まないという女性の選択

誰しも子供を産み育てる訳では有りません。子育てや母になる事を望んでいない女性もいます。そんな女性方に対してその選択を尊重出来れば良いのではと思います。やはり夫婦になる前にしっかりこの事は話し会っておいたほうがよさそうです。

まとめ

子供は生まない、欲しくない、という女性の理由は様々です。しかし、まだまだ世間はその女性心理の理解は進んでいないかもしれません。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ