その答えはここにある!

アンサー119

脱!汚部屋も夢じゃない!物を減らすのが片付けの簡単な近道!

      2019/12/15

脱!汚部屋も夢じゃない!物を減らすのが片付けの簡単な近道!

生活をしていくと、どんどん増えて部屋に物が溢れかえってしまっている、なんてことありませんか?物が多い部屋というのは、気を付けなければすぐ「汚部屋」になってしまいます。けど、物を減らすと部屋は自然といつでも片付いている状態になるんです。では、なぜものが多いと汚部屋になってしまうのでしょうか?その理由と合わせて、物の上手な減らし方と片付け方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

部屋が綺麗な人と汚い人の違いとは?腸内環境も大きく関係!

部屋が綺麗な人と汚い人、両社の違いなんて単純に部屋の状態だけ...

片付けてもすぐ散らかるのは病気が原因?一番の問題とは?

どんなに頑張って部屋を片付けても、すぐに散らかってしまう。自...

物を捨てると本当に運気が上がるの?効果的な片付け方法!

部屋の掃除をすると運気が上がるとよく言われますが、なぜそう言...

断捨離ですっきりした部屋にするための重要事項とルール

「断捨離」という言葉が流行語になって以来、掃除には断捨離とい...

物を減らすための極意を伝授!誰でもできる片付けのルール

物で溢れた部屋を見るたびに「部屋の掃除をしなくちゃ…」と、つ...

部屋にカビが生えたら!?対処法と予防策!

カビは水回りに生えると思われがちですが、そんなことはありませ...

物を捨てる基準とは?作業が捗り片付けの時間短縮ができる!

部屋の掃除となると、まずは部屋のごみを捨てるところから始める...

掃除の手順ってあるの?一人暮らしの掃除の仕方をご紹介!

年末が近づくと、どの家庭でも大掃除をしますよね。今までは実家...

断捨離のビフォーアフター!一人暮らしで体感!利点と恐怖

一人暮らしをしていると、知らず知らずのうちに物が増えていたり...

ママ友との会話が苦手!今後の関係が劇的に楽になる解決方法

子供ができるとどうしても避けられないのが、ママ友との付き合い...

一人暮らしの大掃除はどこからやればいい?掃除の手順を紹介

私たち日本人は、年末が近づくと年を越す前にまずやることがあり...

部屋の汚さは精神状態に影響を及ぼすのか?怖いけど本当の話

今までは部屋の汚さは隠すべき恥ずかしい事とされていましたが、...

脱!汚部屋も夢じゃない!物を減らすのが片付けの簡単な近道!

生活をしていくと、どんどん増えて部屋に物が溢れかえってしまっ...

家族に断捨離をさせる方法はあるのか?上手な勧め方と注意点

家の中には、自分だけでなく他の家族の荷物もたくさん増えてしま...

物を減らすことで得られる効果と綺麗な部屋を維持する方法!

片付けの基本と言えば、まずはいらないものを捨てることですね。...

部屋を整える整理する効果とは?!

SNSが広まり、自分のおしゃれな部屋を紹介する人が増えました...

【山泊登山のステージへ】持ち物を厳選したい小屋泊テント泊

山行をかさね登山スキルも上がり、それに伴い装備も徐々に整って...

はじめての一人登山で初心者が気を付けたいこと!

登山初心者の方でも、仲間との山行を繰り返すうちに自分一人で登...

登山を快適にする持ち物で日帰り登山をもっと楽しもう!

日帰り登山にも慣れてきて山行の回数も増えてくると、ウェアやザ...

室内で植物や花を育てよう!意外なメリットとオススメ植物

インテリアショップやインテリア雑誌などで、必ず家具と一緒に置...

スポンサーリンク


物を減らすことは片付けに必須

物が溢れかえって、足の踏み場もない状態の汚部屋から、いつ、誰が来ても自信をもって招待できる部屋にするには、どうすればいいのでしょうか?そもそも、なぜ汚部屋になってしまうのか?その理由の一つとして「物が多い」ということがあります。部屋の収納スペースに対して、部屋にあるものの量が明らかにキャパオーバーだと、部屋が片づかないのも当然です。

けれど、物が多くても、きちんと片づけられている人がいるのも事実。では、汚部屋になってしまう人はなぜ、片づけられないのか?それは、部屋にある物の量が、その人の「片づけられる範囲」を超えてしまっているからなんです。つまり、収納スペースも掃除も、その人が管理できる範囲を優に超えているということです。片付いている部屋にしたいのなら、まずは自分の部屋の収納に収まる量で自分がきちんと管理し掃除できる範囲内に物を収める必要があります。

物を減らす大きなメリット

数年前に「断捨離」という言葉が流行り、断捨離の仕方の本やテレビでの特集も増えましたね。そんなに物を捨ててしまってもいいものなの?と、片付けが苦手な方は不安になることでしょう。結論からいいますと、大丈夫です!なぜなら、物を捨てたところで実際に困ることはほとんどないからです。

人は、自分の手元に大切なものを置いておこうとする習性があります。でも、自分の心の中がストレスや疲労などで正常な判断ができないと、その大切なものの判断基準も大きくズレてしまいます。そうすると、本当は大切でもないものを大切だと判断してしまって部屋に置いておくとか、不安な気持ちから必要ではないものを手元に置いておき安心感を得ようとさえしてしまいます。

よく、自分の部屋は自分の心の状態を表すと言いますが、まさにその通りなのです。自信のなさや不安、心配から物を溜め込んでしまっていたりもするので、一つ一つの物に対して「捨てるor捨てない」という判断を下すことで、自分の心の中も整理していくことができるといった、精神的な影響が得られる部分もとても多いんです。

物を減らした後の心と生活の変化

いらないものを減らしてスッキリした部屋とあなたに待っている、とても嬉しいことがあります。それは、掃除が楽になること!これは肉体的にも精神的にもとても大きいですよね!掃除が楽になれば、それだけ自由な時間が増えるということでもあります!さらに、物を選ぶという選択肢が減り、悩むことがなくなります。

これも、一見小さいことのように思えますが、実は人の心には大きなストレスとなっているものの一つでもあるんです。悩むことが減れば、その分べつの楽しいことを考えることができるようになりますね♪そして部屋がすっきりすれば、視界にごちゃごちゃしたものが入らなくなるので、部屋が汚いことで感じる不快感や部屋を片付けられないダメな私、という喪失感を覚えずに済みます。

結果、ストレスがなくなります!部屋がきれいに片付いている状態というのは、五感を使って自分にストレスを与えている状態なんです。でも、それがなくなるだけで、心の中はかなりクリアになると思いませんか?それに、部屋の風通しが良くなれば、気の流れも生まれて良い運気が入りやすくなります。物を減らして部屋を片付けるだけで、多大なストレスを減らせるだけでなく運気アップまでできるのなら、ちょっと頑張ってみようかな!って、試してみたくなりますよね!

部屋を片付ける時のポイント

今まで散らかっていた部屋を急に物を減らして片付けようとすると、何から始めていいのかわからなかったり、一度にたくさんの物を捨ててしまうことでかえって不安が強まってしまったりします。そうなると、余計に物への執着心が強くなり捨てられなくなってしまいますので、物を減らすときは、小さい小物や文房具、化粧品などから始めましょう。1つの引き出しから始めるというのもいいですよ。

小さい物や狭い範囲から、少しずつ物を減らし片づけていくことで、自分の心も物を減らした生活をするための準備ができます。例えばダイエットでは、短期間で極端な方法でダイエットした場合、簡単にリバウンドしてしまいます。ですが、食事の内容を改善して無理のない範囲の運動を日々少しずつ続けることで、リバウンドなく痩せられますよね。

このような作用が、実はダイエットするときだけではなく断捨離をするときでも作用してしまうのです。もし、きちんと物を減らすことと向き合いたいのであれば、断捨離のリバウンドを防ぐためにも、少しずつ進めることをつよ~くオススメしますよ。

物を減らすときの注意点

物を減らすときには、まず簡単に捨てられるものから始めましょう。壊れているもの、もうすでに着ない興味のなくなった洋服、いらないプレゼントなどです。そして、思い出深い物や愛着の強い物は最後に考えましょう。大きい家具なども捨てるか判断するのは後にした方が、後悔や間違った判断をせずに済みますよ。

そして、「捨てるor捨てない」の判断は手短に行いましょう!これは大事です!なぜなら、あれこれと悩んでしまうとだんだん執着心が湧いてしまい判断が鈍り捨てられなくなってしまうからです。3-5秒以内で捨てる!と決められたものは、どんどん処分してしまってOKです。

そこで悩んでしまうようなら、いったん視界に入らない場所や悩んだものを入れる箱に作ってそこに入れておき、一度頭から離します。そして、どんどん他の物に取り掛かっていってください。もちろん、一日で全部終わらせる必要はありません、先ほども言いましたが、一度にたくさんの物を処分してしまうと、物を捨てることに慣れていない人は、後でリバウンドが来てしまう可能性があります。そのため、半月や1か月ほどかけてゆっくりと物を減らしていく計画を立てて進めていくと、上手に物を減らすことができますよ。

まとめ

私はファッションが大好きなので、昔の部屋にはいつもたくさんの洋服やバッグを持っていました。その部屋が、仕事でストレスを溜め込んでいたときなんて、ひどいと足の踏み場もないくらい洋服が部屋に散乱してしまっていたんですよね。

当時は、ただ毎日仕事をこなすだけで精一杯だったので、ストレスを感じていることや部屋が散らかっていることはわかっていながらも、どれほど深刻なのかまでは目を向けることはできていませんでした。今思うと、あの部屋の散らかり具合もあの時の私の精神状態も「ヤバイ」の一言に尽きます。カウンセラーの資格を取り、いろいろな心の勉強をして知識を得た今ならわかりますが、本当に部屋の状態は心に比例しますね。

部屋が汚いなと思ったら、自分の心にも疲れや悩み、ストレスが溜まっている証拠ですよ!そんなときは、ちょっと頑張って部屋の掃除を済ませ、自分を労わってあげてくださいね!!

 - 生活 暮らし , , ,

ページ
上部へ