その答えはここにある!

アンサー119

歯列矯正がこわい?抜歯って痛いの?

   

歯列矯正がこわい?抜歯って痛いの?

歯医者さんがこわい!という人は多いはず。聞こえてくる器具の音への恐怖感や、見えない口の中で何が行われているのかが分からないことなど、苦手意識をもつのに十分な理由は確かに存在します。その中でも一番大きな理由として考えられるのは痛みへの恐怖ではないでしょうか。歯医者さんでの痛みのひとつとして多くの人が思い浮かべるのが「抜歯」です。歯医者さんでは、特にひどい虫歯以外では簡単に抜歯をすることはありませんが、ひとつだけ例外があります。それが、歯列矯正による抜歯です。抜歯と聞くだけで、こわい!とかんがえてしまうあなたに、以前歯科医院に勤務していた経験から、歯科矯正による抜歯についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


歯列矯正で抜歯が必要なワケとは?

歯列矯正とは、顎と歯のバランスを整えることです。見た目を考え、美容的要素から歯並びを整える方や、噛み合わせのずれからくる体調不良などの健康を考えての矯正など理由はさまざまですが、大人になってから歯科矯正を選ぶ方も多いです。この歯並びの乱れは、顎が狭く、お口の中にキレイに歯が並びきれていないことから起こります。ほかにも、「親知らず」と呼ばれる8番目(一番奥の歯です)の歯が関係する場合も多いです。この親知らずは大人になってから生えてくる歯で、そのためにすでに生えそろっていたほかの歯を奥から徐々に押す形になり、その力で歯並びが乱れてきます。(※親知らずは生えない方もいます)このために、歯列矯正によって歯並びを整えるために余分な歯を抜歯する必要が出てきます。

抜歯をしないで矯正をする方法はないの?

歯列矯正では矯正装置を使い、歯の表側や裏側に小さな器具をつけ、それによって顎と歯のバランスを整えていきます。この装置を外した時に、抜歯をしてきちんとスペースを確保していない場合には「後戻り」をすることが考えられます。抜歯をしてスペースを確保しても、装置を外すことで後戻りをするケースが全くないわけではありませんが、適切な抜歯をしなかった場合には、後戻りの確率はさらに高くなります。歯列矯正には、時間も費用もかかりますので、せっかくの歯列矯正の効果をもったいないものにしないためには抜歯が必要なケースが多いです。この方法のほかに、顎を拡げることによって歯の生えるスペースをつくり歯並びを整えるという方法もありますが、これは小学生までのお子さんへの矯正方法として考えられています。たとえ顎を広げても、その後に生えてくる永久歯が大きいものだった場合にはお口の中にはキレイに並びきらず、結局は抜歯をしなくてはならないというケースもあります。

抜歯の方法や時間とは?

抜歯は麻酔をしてからおこなうため、抜歯自体の痛みはほとんど感じません。麻酔によって痛みは感じませんが、歯を抜いている感覚は感じるため、そこが苦手な方は確かに存在しますが、痛みに関してはさほど心配することはありません。麻酔自体の痛みが苦手な方ももちろんいるかとは思いますが、最近はまず表面麻酔(スプレーやクリームなど)をしてから麻酔の針をさす方法も多いので歯医者さんに相談してみるといいですね。また、歯科用の麻酔に使う針はとても細く、より痛みを感じないよう工夫がされています。抜歯にかかる時間は、抜く歯の状態や場所によっても異なりますが、5分〜10分程度です。

やっぱり痛いの?どれくらい??

麻酔の効果で抜歯自体にさほど痛みはありませんが、抜歯後に麻酔がきれたころには痛みが出てくる場合があります。ですが、そのために鎮痛剤を服用することになっていますのでご心配なく!その痛みも、矯正の際の抜歯の場合は歯の根元の状態が悪いこともないので痛みが起きないケースが多いです。親知らずを抜歯する際には、キレイに生えきれていない親知らずの抜歯では多少痛みを感じることもありますが、個人差はありますが鎮痛剤でカバーできる程度がほとんどです。

抜歯のあとにも痛みってある?

まれに、鎮痛剤がきれたときに痛みを訴える方がいらっしゃいました。その中のほとんどの方の原因が、抜歯をした後の傷口を気になって触ってしまうことです。ついつい舌で触ってしまったり、気になって何度もうがいを繰り返したりといったことが、傷口にできたかさぶたをはがしてしまい、治りを悪くさせています。たとえば膝をケガしてできたかさぶたの場合でも、かさぶたが出来上がる前に何度も触ってはがしてしまうと、それだけ痛みは長引きますよね。傷口の治りも悪くなってしまいます。抜歯の後も必ず歯医者さんで様子を見てもらい、消毒をしてもらうことが必要です。

まとめ

歯並びがキレイな人はやっぱりステキです。健康面においても、噛み合わせはとても重要なパーツでもあります。確かに「抜歯」と聞くとこわいですが、せっかくの歯列矯正の効果をより感じるためにもとても必要なことです。わたし自身も親知らずを合計3本抜歯していますが、十分に大人になってからの抜歯だったために、歯並びにすでに多少影響を受けた後でした。痛み自体もさほど感じなかったので、歯並びに影響する前に、もっと早くに抜歯をしていたら・・・と感じました。歯科業界もどんどん進歩しています。今では、もっと抜歯の恐怖心を和らげるような進歩もきっとあることだと思います。不安なことは歯医者さんに相談して、安心してキレイな歯並びを手に入れてくださいね♪

 - 健康

ページ
上部へ