その答えはここにある!

アンサー119

室内で花を種から育てる方法!

   

室内で花を種から育てる方法!

皆さんは種から花を育てたことがありますか?小学校で朝顔やひまわりなど経験がある方は意外と多いかと思いますが、室内で種から花を育てたことがあるという方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は、室内で花を種から育てる方法や、準備するものなどをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


室内で育てたいおすすめの花

室内で花を育てるのは室外とは違って温度調節なども出来るため案外育てやすく風や雨の影響も気にせず、冬でも花を咲かせることができます。そこでおすすめしたいのが、エアプランツです。エアプランツといっても様々な種類がありますが、その中でもおすすめなのがカルミネアです!くるんと丸まった花びらがとても可愛いお花です。

エアプランツは100円ショップでも売られていることがあります。水やりは週に2回程度でいいので割とお手入れも簡単かと思います。また、「ハイビスカス」もおすすめです!ハイビスカスは初心者でも簡単に室内で育成することができます。大きくて存在感のある鮮やかな色のお花が魅力的です!ぜひ参考にしてみてください!

室内で種から花を育てる方法

種から花を育てるのはとても大変で難しいイメージがありますよね。ですが、芽が出たときの感動は種から育ててこその特権です!毎日水やりしているうちに愛着がわき、芽生えた双葉の可愛さは半端ないです!(笑)ここでは室内で種から花を育てる方法について詳しくご紹介いたします。

まずは、種を植えます。種をまくというと土にまくというイメージがあるかと思いますが、室内で育てる場合は土ではなく花によっては芽が出るまで脱脂綿などでも育てることができるものもあります。土に種をまく場合は土に十分水を含ませてから行います。種を植えたら定期的に水やりをしましょう。

ほとんどの花は、土が乾いてから水やりをすることが多いです。あまり水をやりすぎると根腐れを起こす可能性がありますので気を付けましょう。芽が出て順調に育ってきたら剪定したり、肥料をあげたりする必要があります。育てる花に合わせた育成法を事前に調べておきましょう。

室内で種から花を育てる時に必要なもの

室内で種から花を育てる際に必要なものは、全部で4つです。

1.プランター
どのくらいのお花を育てるのかによって選ぶプランターの大きさが変わります。ホームセンターや100円ショップで購入可能です。芽が出るまでは小さな育苗ポットでしばらく育てておくのも一つの手です。また、急いで準備しなくても卵のパックやペットボトルなどでも代用可能です。卵のパックやペットボトルを使う場合は排水用の穴を事前にあけておきましょう。また、プランターの下には必ず受け皿を用意してください。受け皿にたまった水はできるだけ毎日交換し、清潔を保っておく必要があります。

2.花の種

3.じょうろ
水やりの際に必要になります。じょうろがない場合はペットボトルのキャップに穴を開けた簡易じょうろや霧吹きでもいいでしょう!

4.日当たりのいい環境
日が当たる環境に置いておくと植物はよく育ちます。万が一日が当たる場所に置くのが難しい場合は蛍光灯や、植物育成用のライトを当ててあげましょう。

種から芽が出ない時の原因と対処法

通常、種を植えてから発芽するまで約1週間程度といわれています。1週間が経過しても発芽しないと不安になりますよね。発芽しないのには何かしらの理由があります。ここでは発芽しない原因について3点ご紹介いたします。

1.種を植える際に土をかけすぎている
種を植えるとき、種に土をかける時ふんわり種が隠れる程度〜第一関節位の深さになるくらいがちょうどいいのですが、土をかぶせすぎると日光が充分に当たらなかったり、種が呼吸できないなど芽が出ない原因となってしまうことがあります。この場合は、もう一度植えなおすことをおすすめします。

2.水のやりすぎ、水分不足
植物を育てるために水は必須なのですが、逆に水をやりすぎると種が呼吸できなくなってしまいます。ですが、水をやらなすぎるのも発芽しない原因となります。常にしっとり湿っているくらいがちょうどいいでしょう。

3.種が劣化している
去年買った種であったり、開封してからすでに日が経っている場合など種が劣化してしまっている可能性があります。

室内で育てられる野菜

室内では、花だけでなく野菜も栽培できます。室内でも育てようと思えば様々な野菜が育てることができます。土で育てるも良し、水耕栽培をするも良し、再生栽培もまた良いですね。水耕栽培というのは、水だけで手軽に育てることができる野菜のことです。そんな水耕栽培ができて、かつ再生栽培ができるドラマ「凪のお暇」でも話題になった豆苗です。スーパーで100円くらいで購入できます。

購入後わき目を残して切った後、水に種の部分を浸しておくだけで約4日程度で収穫が可能です。わき目がなくなるまで3回程度収穫することができるのでコスパもよく簡単にできます。小ねぎも同じ要領で育てておくことができ、小ねぎはたくさん収穫したら冷凍で保存できるのも魅力です。種から育てるのであればパクチーがおすすめです。パクチーは発芽しずらいため、育てるときはあらかじめ殻を割ってから撒くといいでしょう。

まとめ

私はよく自宅で小ねぎを水耕栽培しています。ふとした時にちょっとだけ必要な時などにとても便利です。また、自宅でお花を育てるのも自宅の雰囲気が一気に華やかになるのでおすすめです。ぜひこちらの記事を参考に自宅で花や野菜を育ててみてください。

 - 動物 植物 ペット , , ,

ページ
上部へ