その答えはここにある!

アンサー119

大切な服や靴にカビが!カビの除去にはエタノールが効果的。

      2019/10/30

大切な服や靴にカビが!カビの除去にはエタノールが効果的。

洋風ダンスを開けてお気に入りのジャケットを着ようとしたら、なんとカビ!久しぶりにブーツをはこうと思い下駄箱から出したら、こっちもカビ!あっちもこっちもカビだらけで嫌になるっ!!湿気の多い梅雨から夏を過ぎたこの季節、知らない間にカビがあちらにもこちらにも生えていた、なんて経験がある方は多いのではないでしょうか。湿度の高い日本ではのがれられない問題ですよね。そんな時に重宝するのが「エタノール」。漂白剤系の洗剤でカビ対策されている方も多いと思いますが、エタノールを使ったカビ退治にはいくつかのメリットがあるんです。そんなエタノールを使って効果的なカビの除去、予防について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


カビ除去前にカビを知ろう。

カビを見たことない方はあまりいないのではないかと思うほど、カビにご縁のある湿気大国日本。でも実のところカビってなんなの?ほっておくとアレルギーの原因にもなる怖いカビ。効果的にカビを除去するためにも、ここではカビの種類と性質をかんたんにご説明しましょう。「カビってじめじめしたところに生えるものだよね。」っていう方が多いと思います。

実は私もそう思ってました!ですがカビにはいろいろな種類がいて、好湿性・中湿性・好乾性と、ようするに湿度が高くても低くてもそれぞれにカビはいるらしいのです。よくお風呂や衣類・食品に見られる湿気大好きな好湿性の黒カビや、乾燥気味な冬場にほったらかしたお餅やみかんにとりつく青緑色の中湿性の青カビ。よく見ないとわからない乾物などにつく好乾性で黄橙色のその名もカワキコウジカビなど、それぞれの条件下でそれぞれにバラエティにとんだカビがいます。

問題なのはこのカビたち、目に見える黒や青緑や橙色になる前からカビ菌として空中に絶えず浮遊し、好みの湿度や状態をみつけてその胞子を増やし根を張り、我々が良く知る色付きカビになったとき、活動が活発になり増殖し続けようとすることです。

カビってなんででてくるの?

さまざまな条件下でカビが発生する事はわかりました。ではカビが目に見えるほどに発生・増殖する条件ってなんでしょうか?カビの発生条件を知る事で、少しでもカビにお目にかからない様にしたいものです。ここでは発生条件を理解してその発生をできるだけ予防するための情報をお伝えします。

まずカビの発生に必要な条件は大きくわけて5つあります。
1、たんぱく質などさまざまな栄養分。 2.酸素。 3.湿度。 4.温度。 5.時間。
この5つの中で見ると対策ができるのは湿度と時間ではないでしょうか。当たり前の様に思われるかもしれませんが、密閉された室内は湿度がこもりやすくカビの温床、温室栽培をしている様なものです。またカビは最初は微細な菌の状態で浮遊していますが、湿度や温度など環境に影響され時間をかけて増殖します。

その様な状態をいかに作り出さないか。手軽なところでいうと換気をこまめに、カビの栄養となる手垢や皮脂皮膚などのたんぱく質や食べ物のカスなどの栄養を与えないためにこまめな掃除をするなど、カビの発生原因を取り除くことが大切です。では発生してしまったにっくきカビはどの様に除去すればよいのでしょう。実はそこで登場するのが消毒でおなじみのエタノールです。

カビによく効くエタノールとは?

ご存じのかたも多いと思いますが、エタノールは酒精とも呼ばれるアルコールの一種です。お酒に入っているアルコールはエタノールって知ってましたか?ではエタノールはいったいどんな性質をもっているのでしょう。まず第一にあげられるのは消毒効果。

消毒用としてひろく用いられるエタノールは細菌を殺す性質をもっています。さらに、水や油に混ざりやすいため、カビを除去するだけでなく、油汚れが気になるキッチンなどでの汚れとりにも効果的なんです。こんなに便利で優れもののエタノール。まざりっけなしの純度100パーセントはさぞや効果が高いんだろうと思われがちですが、じつはエタノールは揮発性が高いため、100パーセントだとすぐに蒸発してしまい効果が弱く、逆に濃度70~80パーセント程度のものがもっとも殺菌力があり、汚れを落とすチカラが高いんです。

ドラックストアでは純度の高い無水エタノールと消毒用エタノールが売られています。他にもいろいろ用途のある無水エタノールを購入し、精製水で濃度調整するのもよし、すでに80パーセント濃度程度に調整された手軽な消毒用エタノールを求めるもよし、日用品として手軽に買い求められるのは利点ですよね。

なぜカビにエタノールがおすすめ?

エタノールはこれまで紹介したように、高い殺菌効果で細菌の一種であるカビを効果的に除去します。一般にカビの除去というと漂白剤がすぐに思いつきますが、刺激が強かったり素材を痛めたり、取り扱いに注意が必要ですよね。それに比べエタノールは病院やおうちでも消毒に使われているように基本的に安全性が高く、また肌荒れが気になる人や小さなお子さんでも安心してつかえます。

なんといっても揮発性が強いため、たいていの素材であと残りなどがなく、また衣類や建物素材などを傷めずに使える手軽さがあります。実際価格もお得なエタノールはお部屋掃除に最適です。とは言え、黒かびなどによる素材への着色を取り除く事はできません。あくまでも殺菌効果があるのがエタノール。カビが根をはり素材が黒ずんでしまう黒カビが生える前に、こまめにカビの除去を心がけましょう。

衣類や靴のカビにエタノール

多くのカビは20度から30度の温度で活性し、さらにたまったホコリはカビにとって最高の栄養となります。クローゼットや押し入れ、下駄箱などの密閉された空間は湿度はもちろん温度も上がりやすく、ひんぱんに掃除もしないのでホコリもたまりがちでカビが繁殖するには絶好の環境となります。しかも通常でも70パーセント程の湿度があり、さらに雨の日になるとその湿度は90パーセットにも高まります。

そんな悪環境の密閉空間で衣類や革製品に発生するのは2種類のカビ。それは比較的対処しやすい白カビと、頑固でやっかいな黒カビです。いったん黒カビが生えてしまうと生地や素材が着色され、深く根をはってしまって落とすのにひと苦労。こうなってしまうとエタノールで対処できず、漂白剤を使ってがんばって落とすしかありません。がんばるしかないのですが、この黒カビはクリーニング店でも扱いをことわられるほどやっかいで、最悪あきらめるしかない程です。

ですから日頃からこまめにクローゼットや押入れ、下駄箱はできるだけ空気が通るようにモノを詰め込みすぎず、換気をしつつこまめにチェックし、カビが発生しても初期の白カビでとどめるよう対処することが大切です。そして生えてしまった白カビはエタノールで殺菌・除去しましょう。

衣類についたカビを除去する方法

それでは衣類についた白カビの落とし方をご紹介します。まずは消毒用エタノール、清潔な布2枚、洋服用ブラシ、マスクを用意しましょう。最初の手順はブラッシング。

1.カビが生えた部分を洋服ブラシで生地を痛めないように優しくブラッシングしましょう。この時に気を付けたいのは必ず外で行うこと。室内で行うとカビの胞子が飛散し、カビをばらまくこととなってしまうので気を付けて。また、ブラッシングする際はカビを吸い込まないようマスクを着ける事をおすすめします。

2.清潔なふきんやタオルなどの布にエタノールをふくませ、生地の裏側に布をあてながらカビが生えていた箇所を表からやさしくトントンたたくようにして拭き取ります。

3.最後に風通しの良い場所で十分に乾燥するまで干して完了です。湿ったままでクローゼットにしまうとカビの再発のもととなるので注意してください。また、おなじ様に靴についたカビもエタノールと清潔な布、ブラシをつかってお手入れができます。衣類も靴も念のため、まずは目立たない場所にエタノールを付けて色落ちしないか確認してから作業することをおすすめします。あわせて、できればカビの予防策としてクローゼットや押入れ、下駄箱をエタノールで殺菌することもおすすめです。100均で買えるスプレイ容器にエタノールをいれ全体をスプレイするか、さらに念入りに布にエタノールをふくませ、全体を丁寧に拭きましょう。特に下駄箱は靴をのせる仕切り板をきれいにふいて殺菌するとカビ予防に効果的です。

まとめ

なにかとすぐれたエタノール。刺激のある漂白剤系洗剤に比べ人体への負担も少なく、しかもおもとめやすい価格で手軽に買えるため、カビ対策や油汚れ落としに最適です。そんな手軽で便利なエタノールは日々の生活のパートナーとして良いお付き合いができそうですね。

 - 生活 暮らし , , , ,

ページ
上部へ