その答えはここにある!

アンサー119

離婚の受理証明書とは?親権について詳しく解説!

   

離婚の受理証明書とは?親権について詳しく解説!

離婚届けを出した後、親権などのさまざまな手続きを進めていくときに必要な離婚届受理証明書。でもどんなものなのかよく知らない方がほとんどだと思います。そこで今回は、離婚届受理証明書や、親権についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


離婚届受理証明書とは?

実際に離婚した方にしか必要のない書類ではありますが、今現在ご自身や親族、周りの方に離婚を考えている方の参考になれば幸いです!みなさんは、離婚届を提出してから新しい戸籍ができるまで数日かかることをご存知ですか?役所によっては翌日に戸籍ができるところもあるようですが、多くの場合数日から数週間かかるとされています。

ですが、離婚後はたくさんの手続きが待っています。早急に手続きしなければならないときや、なにか証明が必要な時に役立つのが離婚届受理証明書です。この離婚届受理証明書というのは簡単に説明すると、その名の通り離婚したことを証明してくれる書面です。離婚届を出した後に正式に離婚が成立しました、受理しましたという証拠になります。

離婚届受理証明書はどんな時に必要なのか

具体的に離婚届受理証明書はどんな時に必要なのか、またどこでもらえるのかをご紹介いたします。まず、どんな時に必要なのかというと、まず率先して先に手続きをしたほうがいい書類として保険証が挙げられます。国民保険、社会保険ともに手続きが必要で病院に行く時に必ず必要になります。保険証がないと自費で医療費を負担することになり思いがけない出費をしまうため早急に手続きを進めたほうがいいでしょう。

また、自動車の名義変更や世帯主の変更を行う際にも必要です。子供がいる場合には、ひとり親家族への支援として児童扶養手当や、保険料の免除申請など自治体によって内容は様々ですがこういった手続きの際にも必要となります。次にどこで発行してもらえるかというと、離婚届を提出した役所のみとなります。遠くて出向くことがなかなかできないという方は郵送でも取り寄せ可能なので一度役所に相談してみてください。郵送の場合は少し日数があかりますので事前に手続きの前に確認しておくことをお勧めいたします。

離婚受理証明書を発行する際の注意

離婚届受理証明書の発行の際の注意点についてです。この離婚届受理証明書の発行には時間がかかるということを頭に入れておいてください。住民票や戸籍謄本などをもらいに行く感覚で役所に行くとがっかりします。最低でも1週間程度もしくはそれ以上日数がかかることがあります。そのため、もろもろの手続きをしようと思ったらまずは事前に、そしてなるべく早めに発行手続きをしてください。

なんなら離婚届を提出するときに発行してほしい旨を伝えておけばいいかもしれません。発行に時間がかかるというのを知らず困ってしまう方も少なくありません。万が一、手続きに間に合わない場合は戸籍謄本で代用できる手続きもありますので担当者に相談してみてください。また、発行の際には運転免許証やマイナンバーカード、発行手数料として数百円かかりますので忘れ物がないよう気を付けてください。

親権とは?監護権との違いについて

ここからは親権についてをまとめていきます。子供がいらっしゃる方は要チェックです!まず、親権とはよく聞くものの詳しく知らない、親権って子供と一緒にいるための権利なんじゃないの?と思われる方がほとんどかと思います。実は、あながち間違いではありませんが、ちょっと違うんです。親権というのはそもそも「身上監護権」と「財産管理権」という二つの権利を総称した呼び名です。

簡単に説明すると「身上監護権」は実際に子供と一緒に生活することができる権利、「財産管理権」は子供の財産に関する管理をするための権利(アルバイトの契約などの同意)ということになります。監護権と親権の意味をはき違えると親権は取ったのに一緒に暮らせないなどといった誤解が生じます。実際に勘違いしてしまい気づいた時には後の祭り・・・。というケースも多々あるのでしっかりと親権について知っておく必要があります。

親権の獲得について

まず、離婚する前に親権について話し合うかと思うのですがその際にどちらが親権を取るかもめるご家庭がたくさんあります。今まで苦労して愛情をもって育ててきた子供とこれから一緒に住めなくなるのはパパでもママでも嫌ですからもめるのはむしろ当たり前のことですよね。それでも話し合って解決できればいいのですが、裁判になってしまうことも多々あります。

基本的に親権(監護権含む)は母親が9割獲得しています。母親が子供を置いて出ていった、暴力を振るうなどといった場合は父親に親権がわたることが多いのですがそうでない場合はほとんど母親にわたるのが現状です。10歳くらいのお子様であれば自分で選ぶことも可能です。

裁判になった際、子供の幸せを基準に判断され親権が決まります。そのため離婚理由や収入の高低はほとんど関係ありません。(DVなど例外もある)収入が多いからといって子供が幸せになるとは限りませんよね。精神面、身体面のサポートをしてあげられるかというのが重要なポイントになるため、そのサポートができないのであれば養育費払ってあげてくださいという判決になります。親権がほしいと思ったらまずは自分自身の生活、子供の一生を背負う覚悟、ある程度暮らしていくための経済力などの準備が必要です。

まとめ

離婚は精神的にも肉体的にも結婚するより何倍も大変だと聞いたことがあります。確かに忙しい毎日の中であれやこれやと手続き三昧なのは想像するだけで大変そうですね。でも決めたからにはやるしかありません!ぜひこの記事が皆さんの参考になりますように。

 - 人生 社会 経済 , ,

ページ
上部へ