その答えはここにある!

アンサー119

離婚を考えたら弁護士にお願いするべき?離婚準備について

   

離婚を考えたら弁護士にお願いするべき?離婚準備について

夫婦生活において誰にでも経験する可能性がある離婚。離婚と聞くと、裁判やら弁護士やら何かと難しそうなイメージがありませんか?今回は、離婚を決めたとき、弁護士に相談しようと思ったときに準備すること、役立つ内容をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


離婚を考えたら準備すること

離婚と一口に言っても実際はものすごいエネルギーと場合によっては時間が必要になります。裁判をしたり決めごとをしたりと、人によっては何年もかかるパターンもあります。ここでは出来るだけスムーズにことを運べるように、離婚を決意したら準備するべきことについてまとめました。まずはなんといっても離婚後の生活の準備です!何の考えもなしに離婚してしまうと後々痛い目に合うのは自分です。専業主婦である方は、まず職探しから始め離婚後の住まいや生活に必要な家具家電の準備をしましょう。また、経済面はもちろん精神面での自立も必要となります。離婚後の生活の見通しが立ったら次は金銭面についてです。原因にもよりますが、夫の不貞行為や暴力による離婚の場合慰謝料が請求できます。また、子供がいる場合は養育費、公的な助成金の申請をするのを忘れずに!どんなに相手のことが嫌だとしてもすぐに離婚を切り出すのではなく、少しづつ長い時間をかけて準備しておくことが大切です!

離婚について弁護士に相談するメリット

離婚=必ずしも弁護士に相談しなければならないというわけではありませんが、相手が離婚してくれない、慰謝料の請求がしたいといった場合は弁護士にお願いするのをおすすめします。弁護士と聞くと難しそうで引け目を感じるかもしれませんが、弁護士にお願いすると様々なメリットがあります。言ってしまえば、弁護士は相談役のプロのような位置づけ。自分に合った方法で手っ取り早く問題解決をしてくれる、アドバイスをくれる人です。よく、養育費を取り決めたものの支払われなくなったという話を聞きます。そのような場合も弁護士に相談し、公式な書面で約束しておくと支払われなくなった場合でも解決してもらうことができます。慰謝料や養育費など実際にもらえると思っても金額など一番気になる点がわからないと不安になりますよね。ですが、弁護士に相談することによりそういった不安も解消することができます。

弁護士に相談する前に準備すること

いざ弁護士に相談しようと思い立ったら相談に行く前に少し準備が必要です。まずは、自分自身の悩みを明確にすることです。自分はどうしたいのか、何に悩んでいるのか、はっきりしないまま相談に行くと弁護士も困ってしまいます。どういった経緯で今どういった状況なのか、そこから自分がどうしたいか考えをまとめ、うまく話せるか自信がない場合は紙に書くのも一つの手です。次に資料の準備です。浮気の証拠や、暴力による証拠、暴力に伴い病院に行ったときは診断書や負傷した部位の写真などなど。弁護士はあくまでも弁護士であり探偵ではありませんのでそういった資料の準備はしてくれません。一見関係ないように思えるような書類でも有力な証拠になることもありますので、離婚を考えたら少しづつ証拠を集めていきましょう。

弁護士費用について

弁護士にお願いしようと思ったときに、一番気になるのは弁護士費用のことではないでしょうか?わたし自身、弁護士費用と聞くと高いイメージがあります(笑)実際に離婚の際にかかる費用は相談料、着手金などを含め約30万円程度が必要とされていますが、裁判などが長引けば長引くほど費用はもっとかさみます。場合によっては100万をこえることもあるんだとか・・・。ですが、立て替え制度などが利用できる場合もありますのでそこも含めて相談してみましょう。弁護士費用をなるべく抑えたいという方は、無料相談を利用したり着手金無料をうたっている事務所を探してみましょう。また、事務所によって弁護士費用が違うため相談に行く前にリサーチしておくといいかもしれません。安い事務所だからといって弁護士の腕が悪いなどといったことはありません。逆に高いからといっていい弁護士がいるとも限りません。そういったことも含め自分にあっているかどうかまずは無料相談に行って雰囲気や相性などを確かめるといいでしょう!

弁護士の探し方

離婚が成立するまで長い時間がかかります。そうなると誰だって、愛想がよくて親身になって話を聞いてくれる、信頼できる弁護士がいいですよね。いい弁護士を探す方法としておすすめなのは、インターネットです!自分が住んでいる地域、通える範囲にどれだけ事務所があるのか把握できますし、口コミ、評判が確認できます。口コミや評判は大きな参考材料となりますが、サクラという可能性もあるため注意が必要です。そのほかにも知人からの紹介といった手もありますが、知人はその弁護士と相性が良くても自分とは合わない場合が考えられます。相性が合わないと感じた場合は遠慮せずに弁護士を変えましょう!弁護士を変えてほしいというのは言い出しづらいことだとは思いますが人生を左右する案件を任せているのですから、しっかり見極めることが必要です。

まとめ

この記事を読んでいる方は離婚を検討している方が多いかと思います。一人で悩まず、弁護士に相談するということも視野に入れ、人生の新たな第一歩を踏み出すための準備から始めましょう!

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ