その答えはここにある!

アンサー119

猫の種類について〜日本猫の特徴やおすすめアイテム!

   

猫の種類について〜日本猫の特徴やおすすめアイテム!

猫は中国から来た動物だといわれていますが、日本にいる猫は全部で何種類あるかご存知ですか?今回は、猫の種類や種類別の特徴、おすすめグッズなどを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


日本にいる猫の種類

猫の歴史には諸説ありますが、奈良時代に中国から来たと多く語られています。最近では家で飼育されることも多い猫ですが、もともとはヤマネコが主流だったとか・・・?日本には、約10種類程度の猫がいるとされています。しかし、猫の種類の分別には様々な定義があり、実際にはもっと多くの種類がいるかもしれません。ここでは日本の猫について3種類ご紹介いたします。

1.白・黒猫
名前の通り全身が単色(白・黒)な猫です。白猫に関しては、まれに両目の色が違う猫もいます。白猫は、デリケートで警戒心が強く、神経質だといわれています。そのため、懐くまでに時間がかかることが多くあります。一方の黒猫は人懐っこく、穏やかな性格で飼育しやすいといわれています。

2.三毛猫
三毛猫は別名「キャリコカラー」と呼ばれていて、カラーや柄のバリエーションがたくさんあります。なぜか三毛猫はほとんどがメス猫なんだとか。ほとんどの三毛猫は「三毛」というだけあって白ベースに黒や茶の3色カラーが特徴です。優しく賢いうえに気品がある猫が多いようです。

3.雲模様のクラシック・タビー
最近ではめったにお目にかかる機会がなくなってしまったちょっとレアな雲形模様の猫。二色がうずを巻いたような柄をしていて、性格は好奇心旺盛でわんぱくながらも賢く人懐っこいといわれています。

世界的な猫の種類

先ほど日本猫について3種紹介しましたが、世界的にみると猫は102種類ほどあるんだとか。ですがこちらも様々な定義があるだけに確実な数字ではないことが考えられます。たくさんの種類があるのですが、ここでは世界の猫を3種ご紹介いたします。

1.アメリカンカール
その名の通り、耳が反り返るようにカールしている猫です。がっちりとした骨格を持ちながらもスタイルのいい猫です。愛嬌があり賢く、好奇心旺盛です。ですが、普段はとてもおとなしくほかの動物と一緒に暮らすことに向いている猫なんだとか!

2.テボンレックス
名前が恐竜のような猫ですよね(笑) 強そうな名称とは裏腹に、おちゃめで愛嬌のある性格をしています。元気いっぱいでいたずら好きです。とにかく顔が小さいのに耳がとても大きく、筋肉質で巻き毛が特徴です。毛の様子から「プードルキャット」と呼ばれることもあります。

3.メインクーン
まるで「メイクイーン」のような名前!芋じゃありませんよ。猫ですよ(笑)この猫は、アメリカで自然発生した猫だといわれています。比較的大きな猫で骨格や筋肉がしっかりしている猫です。自然発生していた猫だからか、様々な自然に適応するために変化し、肉体的にも精神的にも逞しい猫です。しかし、そんな生い立ちとは裏腹に、とてもやさしく思いやりのある猫で、犬のように人間の気持ちを汲み取り共存できる猫だといわれています。穏やかで賢い猫です。

日本猫におすすめのグッズ

ここでは日本猫におすすめのグッズを2つご紹介いたします!まず、おすすめしたいのはお手入れに便利な「ファーミネーター 短毛種用」です。日本猫に共通しているのはどの猫も毛が短いということ。こちらの商品は、特許を取得したステンレススチール刃を使用しており、猫を傷づけることなく簡単にお手入れできるのが魅力です。猫も犬と同様時期が来ると毛が生え変わります。抜け毛を放置しておくと猫が毛を大量に飲み込んでしまい毛球病(ヘアボール)という病気にかかってしまうこともあります。時期が来たらしっかりブラッシングをしてあげましょう。

次におすすめしたいのが、「電動猫じゃらし」です。猫といえば猫じゃらしですよね。猫じゃらしで遊んであげるとものすごく興奮する猫も多いのではないでしょうか?飛び跳ねたり夢中で追いかけるので運動不足解消にはもってこいの猫じゃらし!そんな猫じゃらしですが、飼い主が忙しくてかまってあげられないときにも便利な電動があるんです。価格も2,000円ほどで購入でき、タイマー機能も付いている優れものです。是非参考にしてみてください。

生育環境を整えて猫を飼おう

猫を飼育している皆さん、猫にとって最適な環境を提供することが出来ていますか?人間や犬にも適切な環境があるように猫にも適切な環境があります。ここでは、猫にとって大切な飼育環境についてのポイントをいくつかまとめてみました。まずはこれからどんどん暑くなってくる夏についてです。猫は犬と同じく鼻と肉球から体の熱を放出します。ですが、猫は犬よりも熱を放出するのがうまい、暑さに強いと言われています。

しかし、いくら暑さに強いからと言っても、猫も熱中症になってしまうことがあるため、直射日光に長時間当たるような環境や、湿度が高い部屋にならないよう工夫す手上げることが大切です。逆に冬場の場合ですが「猫はこたつで丸くなる」というフレーズ、誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか?言葉通り猫は寒さに弱いです。もちろん種類や体格にもよるためすべての猫に該当するわけではありませんが、体を丸めている、毛を立てたり膨らませたりしているときは寒いのサインかもしれません。

そんな時は、温度管理をしっかりしたり寝床に毛布を追加してあげましょう。よくストーブで暖を取る猫もいますがその場合はやけどに注意してください。また、季節に関わらずその他にも食事に関して気を付ける点があります。よく人間のご飯を分け与える光景を目にしますが、出来れば控えたほうがいいでしょう。人間と猫では必要な栄養が違いますし、猫=魚というイメージがありますがのどに骨が刺さってしまう、貝類やチョコレートなど与えてはいけないものを与えて体調が悪くなるなど思わぬ事故を引き起こす可能性があります。そのため、猫用の栄養がたくさん含まれているキャットフードを与えるようにしましょう。

猫のエサの選び方

上記で猫のキャットフードを与えましょう!とお伝えしましたが、キャットフードにも様々な種類がありますよね。「うちの猫にはどんなエサが適しているのか」を見極めるためのポイントをご紹介いたします。

まずは第一に年齢です。猫も人間と同じように最初はミルク→離乳食→ごはんという手順を踏みます。子猫に成猫用のエサを与えると体調を壊してしまうこともあります。どの餌にも適正年齢が記載されているためしっかり確認し、年齢に合ったエサを用意しましょう。

基本的にキャットフードはドライタイプとウェットタイプ、大きく分けて二種類あります。ドライタイプは主に成猫用として用いられており、歯に汚れがたまりにくく虫歯になりにくい、保存性や利便性がいいのが特徴です。一方ウェットタイプは、ドライタイプに比べてバリエーション豊富で猫に人気があります(笑)食事が苦手な猫や子猫、高齢の猫に向いています。そのほかにも肥満気味な猫、毛玉ケアに特化したキャットフードなどもありますので飼育している猫に合ったキャットフードを与えましょう。

まとめ

一概に猫といいてもたくさんの種類がいて、それぞれに性格がある。よく猫は気まぐれといわれることが多いですが、個猫差があるということですね(笑)今回は猫に関して詳しくご紹介いたしました。是非参考にしてみてください!

 - 動物 植物 ペット , , , ,

ページ
上部へ