その答えはここにある!

アンサー119

水性?油性?ペンの種類の特徴と見分け方

   

水性?油性?ペンの種類の特徴と見分け方

ボールペンやマーカーペンは見た目だけで水性か油性か分からず、誤って使って失敗した!という経験をおもちの人も多いのではないでしょうか。用途によってペンの種類を使い分けることで、ペンの良さを最大限に発揮することができます。今回は、水性ペンと油性ペンの特徴と見分け方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

部屋が汚いのは天才の証!?汚部屋の住人に隠された才能とは?

部屋を綺麗にしたいとか、部屋は整理整頓されているべきだと考え...

部屋の片付けの効果とはズバリ!強大な幸運をもたらすこと!

綺麗に整理整頓され無駄なものが一切なく、ホコリは塵一つない清...

部屋が綺麗な人と汚い人の違いとは?腸内環境も大きく関係!

部屋が綺麗な人と汚い人、両社の違いなんて単純に部屋の状態だけ...

スポンサーリンク


水性ペンの特徴と見分け方

ペンのインクの主な成分は、色を付ける物質(着色剤)とそれを溶かす物質(溶剤)に分けられます。着色剤と溶剤に何を使用しているかによって、ペンの種類が分かれます。

水性ペンは、着色剤を水に溶かして作ったインクを使用しています。発色がよくカラーバリエーションが豊富なことや、さらさらと軽い書き味が特徴です。インクの主な成分が水なので、水をはじく物には書くことができません。なので、ペットボトルなどつるつるしたものに書いてみて、はじいて上手く書けなかったり、指でこすってのびたり消えたりしてしまうものは水性ペンと言えます。

着色剤が「染料」の場合、染料は分子の大きさが小さく水に溶けた状態で繊維などに色をつけるので、発色しやすく鮮やかな反面、乾きにくいというデメリットがあります。紙に書いた直後に触って手が汚れたり、水ににじんだりするのも水性ペンの特徴なので、使用するときには注意が必要です。着色剤が「顔料」の場合、着色剤は水に溶けきらず、紙の表面に残って色をつけます。速乾性と耐水性があり、汚れにくいのが特徴です。

また、水性ペンは水を使っているのでインクが乾きやすいです。使用する際はこまめにキャップをしめないと、すぐに乾いて書けなくなってしまいます。

油性ペンの特徴と見分け方

油性ペンは、色を付ける物質をアルコール等の油を溶かす液体に混ぜて作ったインクを使用しています。水に強いのでにじみにくく、ガラスやペットボトルなどつるつるしたものにも書くことができます。紙に書いた場合はこすっても汚れたりにじんだりしにくいですが、裏うつりしてしまうことが欠点です。

着色料が「染料」のものが一般的で種類も多く売られていますが、光に当てていると化学分解されて色褪せてしまいます。着色料が「顔料」のものは「ペイントマーカー」と呼ばれているもので、光にも強く色褪せしにくいのが特徴です。

ホワイトボードのペンはすぐに消えますが、実は油性顔料ペンです。添加物として剥離剤が使われているので、こすって消すことができます。このように、水性・油性・染料・顔料の基本的な特徴を添加物や配合の工夫によってカバーする商品も多く開発されています。

水性・油性ペンの使い分け

水性ペンは書きやすく発色もいいので、日常的なメモやカラフルなイラストをかくときに向いています。裏うつりしにくいので、薄い紙に書くときや、ノートに書く時も安心です。壁に貼った紙にペンで書くときも、壁にインクがつく心配を考えると水性ペンが安心です。

油性ペンは、様々な材質に書けることが強みです。プラスチック等のつるつるしたものに書きたいときは油性ペンを使いましょう。水にも強くにじみにくいので、布に書いて洗濯しても安心です。子どもの服や靴に記名するときは油性ペンが最適です。また、公式な書類や長期間保存したい書類は油性ペンで書きましょう。ポストに投函するはがきも、配達の途中で濡れてしまうリスクを考えると油性ペンがおすすめです。

水性・油性ペンの落とし方

手や服など、うっかりインクをつけてしまったときはどのように落とすとよいでしょうか。服に水性インクをつけてしまった場合、水で濡らして石鹸でもみあらいをすることで汚れを落とせます。油性インクをつけてしまった場合は、エタノールや除光液を使います。

まず、汚れた部分にエタノールや除光液を少しずつ垂らします。その部分にあて布をして、裏からとんとんたたいて汚れをあて布に移します。あて布を取り換えながら、インクが溶け出なくなるまで繰り返して、仕上げに洗濯をすると綺麗になります。シミ落としをする前に、目立たないところで試してみて、色落ちや布の傷みが無いかよく確認してください。

インクが手についてしまった場合は、石鹸で手洗いをして汚れを落とします。特に油性ペンは一度の手洗いで綺麗に落ちないこともありますが、手洗いを繰り返したり時間がたったりすることで落ちていきます。急ぐ場合はオイルや口紅をインクになじませることで早く落とすことができます。

ペン以外にも!水性・油性ペンキ

ペンキにも主に水性と油性の2種類があります。乾燥するときに水分が蒸発するものが水性塗料、有機溶剤が揮発するものを油性塗料です。ペンキの樹脂は水に溶けず、シンナーなどの油性溶剤でしか溶けなかったので、もともと水性ペンキは無く油性ペンキだけでした。

しかし、油性ペンキは有機溶剤が揮発するため臭いや環境へのリスクがあり、水性ペンキの開発が進みました。水性ペンキは、臭いが少なく環境基準を満たしたものが多いこと、使用した道具を洗いやすいこと等が長所です。油性ペンキは、耐久性が高く、仕上がりも塗ったあとが残りにくく美しいことが長所です。ペン以外にも、様々な塗料で水性、油性の特徴をつかんでおくと便利なこともありそうです。

まとめ

水性・油性ペンを用途に応じて使い分けることで、ペンのポテンシャルを最大限に発揮することができます。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ