その答えはここにある!

アンサー119

犬と人間の関わりについて!犬は子どもが大好き?

   

犬と人間の関わりについて!犬は子どもが大好き?

みなさんはご自宅で犬を飼っていますか?犬って見てるだけでも癒されるような可愛い存在です。子どもがいる家庭であれば、子どもの良き遊び相手にもなってくれますよね。ではなぜ自宅で飼育されるようになったのでしょうか?よく見る犬が子どもを守ろうとする動画。あれってホントなの?そこで今回は自宅で飼育されるようになった歴史や、犬は子どもや人間をどう思っているのか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


犬と人間の歴史

犬をペットとして飼育している家庭は少なくありません。現に、アメリカでは半数以上の家庭で犬が飼われています。ではいつからペットという形で飼育されるようになったかというと、数千年前までさかのぼります。犬は歴史上、人間が初めて家畜として飼育した動物であると言われています。

もともと犬は、ペットではなく狩りのお供として一緒に生活していました。そうしているうちに犬は狩りのお供だけでなく、牧羊犬としてなど様々なシーンで活躍するようになりました。また、犬も人間と一緒にいることによってご飯を食べることが出来たり、外敵から身を守ることが出来たりとお互いに必要な存在になっていったのがきっかけで後にペットとして飼育されるようになったそうです!

犬は人間のことをどう思っている?

犬は私たち人間のように言葉を話すことができません。そのため、普段から何を考えているかわからないのが難点です。しかし、テレビでは犬や動物と話すことが出来る人などがいるのも事実です。一見疑わしく思えますが、実際最近では脳の研究が進み犬の本音を確かめることが出来るようになったそうです。その研究結果から犬にとって人間は一番の友達であるということも解明されたんだとか!

どうやら犬は嬉しいことに、人間を愛し、信頼し家族としてみてくれているみたいです。よく言われている「犬は嬉しさや悲しさを共有することができる」というのも研究結果から明らかになっています。飼い主が愛情をもって飼育することにより、犬にとって飼い主が一番の理解者であると意識させることが出来、信頼度を高めることもできます。

犬は子どもが大好き!?

よくテレビや、ネット動画で出回っている犬が子どもを守ろうとしたり、一緒に寝そべっている映像。実際に犬を飼っていて子どもがいる家庭では目にしたことがある方もいるかもしれません。なぜ、犬は子どもを守ろうとするのか気になりますよね。実は、犬は単に子供が大好きだからという理由だけではないようです。ここでは、犬と子どもについてのお話をしていきます。

まず、犬は大前提として、一緒に生活している上で子どもは自分よりも小さく弱い者であるということを理解していきます。そして、飼い主が子どもに接する姿もきちんと見ているため、犬にとっても子どもは「家族」であるという認識をしていきます。そして何より、子どもと犬が接している姿を見ると誰もが微笑ましく思うはずです。そういった飼い主の姿や感情をもしっかりと組みっとているからこその行動なんです。しかし、これはやはり子どもだけではなく犬にもしっかりと愛情を注いでいなければ見られない光景だということを理解しましょう。

犬が子どもに与える影響とは?

子どもが出来たら犬を飼おうと考える人は少なくありません。なぜなら「犬を飼うことによって子どもにいい影響を与えるから」という話がどこからともなく浮上しているからです(笑)実はこれ単なる噂ではなく実際に子どもにいい影響を与えることが研究結果としても解明されているからです。では具体的にどのような影響があるかというと・・・

1.観察力の向上
2.思いやりの心を育てることが出来る
3.他人に対しての接し方が分かる

この他にもたくさんいい影響を与えてくれますが、今回はこちらの三点について詳しくご紹介します。

まず1についてです。犬は人間と違って言葉を話すことが出来ません。そのため、何を考えていて、何をしてほしいのか、何がしたいのかということを試行錯誤し接しなければなりません。そのため、子どもの観察力はもちろんどうすればいいのかという考える力が身に付きます。

次に2と3に関してです。この「思いやり」というのはほかに兄弟がいたり、保育園に通ったりしなければなかなか身につけることが難しいかと思います。しかし、犬を飼うことによって自分よりも小さい生き物である=優しく接する、相手が嫌がることをしてはいけないと覚えるきっかけにもなるなど犬が子どもに与える影響はとても大きいものなのです。

子どもと一緒に育てるおすすめ犬

ここでは、子どもと一緒に飼うといい犬についてご紹介いたします。大型犬でのオススメは、ゴールデンレトリバーです。古くからこのゴールデンレトリバーは子どもがいる家庭向きとされています。愛想が良く、思いやりのある犬なので子どもともすぐに仲良くなれるはずです。

小型犬であれば、ミニチュアダックスフンドがおすすめです。ミニチュアダックスフンドは、非常に活発であるため、3歳以上のお子さまがいる家庭ではいい遊び相手になってくれると思います。また、しつけやすいのも特徴です。犬を選ぶ際にはまず、それぞれの犬の性格を理解することが大切です。

また、室内で飼うのか屋外で飼うのか、大きさは小型犬にするのか大型犬にするのか、飼うにあたって必要なものは何か、しっかりと犬の一生を支えることが出来るかなど家族で話し合う時間を儲ける必要があることも十分理解しておきましょう。

まとめ

犬と人間そして子どもとの関わり、十分に理解していただけたでしょうか? 犬を飼うことは簡単なことではありません。家族全員が責任をもって飼育するのが一番大切であることを頭に叩き込んでおきましょう。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ