その答えはここにある!

アンサー119

浄水器を蛇口につけるだけでこんな効果が!

   

浄水器を蛇口につけるだけでこんな効果が!

誰でも毎日口にするものである水。飲み物としてはもちろん、ご飯を炊いたり料理に使ったりすることも考えると、毎日結構な量を消費しています。毎日口にするものだからこそ、安全性には気を配りたいものです。浄水器を蛇口につけるだけでおいしく安全な水を飲めるのなら試してみたいけれど、どれ程度効果があるのか疑問です。そこで、様々な浄水器について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


水の大切さと浄水器の必要性

健康的な生活を考えるとき、栄養バランスのことを気にする人は多いと思いますが、水のことはどのくらい考えているでしょうか。人間の体の50〜70%は水でできています。空気の次に体内に入れる量が多いのは水ではないでしょうか。水は体内で、体温調節をしたり筋肉を動かしたり、血液となって栄養を運んだり、汗や尿となって老廃物を体の外に出したりする等、重要な役割を担っています。特別な運動をしなくても、成人では一日に2〜2.5Lの水分を失っています。暑い日や運動をした日等はさらに水分を失う量が増えます。健康な体を保つためには、毎日の水分補給が欠かせませんし、毎日多くの水分を摂取するわけですから、水の質にも気を配りたいですよね。そこで考えたいのが浄水器の効果です。

水道水の安全性と浄水器の効果

日本の水道水は世界一安全と言われています。蛇口から出る水をそのまま飲んだり、料理に使ったりしています。水道水ではなくミネラルウォーターを使っている家庭も多いと思いますが、実は水道水の水質基準(51項目)はミネラルウォーターの水質基準(18項目)よりも厳しいのです。蛇口をひねれば安全な水が出てくる素晴らしい国において、浄水器の必要性はどんなところにあるのでしょうか。

水がおいしくなる
水道水が安全である主な理由の一つは、塩素消毒をしているからです。しかし、その塩素が「水道水臭さ」の原因です。本来おいしいはずの日本の水ですが、塩素によるカルキ臭がすると、味もまずく感じてしまいます。浄水器を付けることで塩素を取り除き、臭いのないおいしい水を飲むことができるのです。

不純物を取り除く
日本の水道水は本来安全なはずですが、蛇口から水が出てくるまでに通る水道管がさびていたり、貯水タンクが劣化したりしていると、そこから不純物が混ざる可能性があります。特に古い水道管から溶けだした鉛は、一度体内に入ると排出が難しい物質です。また、「取り続けても人体に影響が無い程度」とは言われていますが、有害物質も含まれています。発がん性が指摘されているものもあります。浄水器でこのような不純物を取り除くことで、より安心して水道水を飲むことができます。

お手頃浄水器〜蛇口直結型〜

浄水器には様々な種類がありますが、最も一般的で手頃なタイプと言えるのが蛇口直結型ではないでしょうか。安価なものが多く、取り付けも簡単で場所も取りません。手軽なのが魅力ですが、浄水能力は高くないものも多く、カートリッジが小さい分交換時期も比較的早くなります。浄水器を今すぐ使ってみたい、価格を抑えたい、場所を取らない物が欲しい、といった人におすすめです。蛇口直結型浄水器と一口にいってもいろいろな物があります。選ぶときのポイントは、第一に「メーカーの信頼度」です。浄水器の効果は目で見てすぐに分かるものではありません。健康に関わるものなのに、自分で十分に安全性や効果を確かめられないということは、メーカーを信じるしかありません。信頼できるメーカーの製品を選ぶことが何よりも大切です。浄水器の信頼を高めるために作られた「浄水器協会」の会員かどうかも、選ぶための指標の一つになると思います。第二のポイントは「ランニングコスト」です。浄水器本体の価格に目が行きがちですが、浄水器にはカートリッジの交換が不可欠です。カートリッジの価格や交換時期等もチェックする必要があるでしょう。

蛇口直結型以外にも!様々な浄水器

他にもいろいろな種類の浄水器があります。自分のニーズに合わせて選びましょう。

据え置き型
シンクの上に設置して使うタイプです。浄水能力の高いものが多く、ろ過機能はもちろん、軟水やアルカリイオン水を作ることができるものもあります。性能が良い分価格も高く、シンクの上に設置するので場所も必要です。料理に使う水にこだわりたい人や、より多くの有害物質を取り除きたい人におすすめです。

アンダーシンク型
据え置き型同様、高い浄水能力をもつ物が多いです。シンクの下に置くことで、場所も取らず、見た目もすっきりさせることができます。取り付け工事が必要なこともあり、価格も高くなります。性能にこだわり、キッチンを広く使いたい人におすすめです。

浄水器を効果的に使おう!

日本の浄水器の普及率は30〜40%と言われています。浄水器無しで水道水を飲める安全な国と見ることもできますし、「水をもっとおいしく安全に飲みたい!」という意識が表れていると見ることもできます。特に東日本大震災による原発事故を機に、水の安全性に対する関心が高まっているようです。体の働きを支え、生きていくのに必要不可欠な水をよりおいしくより安全に摂取するために、浄水器は役に立つことでしょう。しかし、浄水器を付けさえすればOKというわけではありません。浄水器の主な目的は水道水の塩素を除去することで水をおいしくすることです。塩素はもともと殺菌のために使われているものですから、塩素を取り除いた水は放っておくと雑菌が繁殖しやすくなります。浄水器を通した水はすぐに使ったり、カートリッジをこまめに交換したりしないと、浄水器の良さを生かすことはできません。最後はやはり一人一人の意識が大切ですね。

まとめ

生活に欠かせない「水」をよりよく摂るために、浄水器の活用が効果的だということが分かりました。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ