その答えはここにある!

アンサー119

油性ペンのインクの落とし方〜衣類やビニール製品等について

   

油性ペンのインクの落とし方〜衣類やビニール製品等について

皆さんは油性ペンが服やモノについてしまったとき、どうしていますか? 油性ペンがついたものによって対処は様々かと思いますが、ビニールやプラスチック素材の壁などについてしまった場合はどうでしょうか。今回は油性ペンの落とし方について、素材別に調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


油性ペンのインク落のとし方:衣類の場合

衣類についた場合、シミ抜きが必要になります。手順として、まず衣類を裏返し、シミがついた面を下にしてタオルをあてます。この時、インクが別の箇所に当たらないように注意しましょう。次にシミの裏側からアルコール或いはエタノールや洗剤などをなじませます。すると、すぐにインクが浮き上がってくるので、歯ブラシで叩いて、インクをタオルに移していきます。インクが広がってしまうため、こすらないように気を付けましょう。次にシミの落ち具合を確認し、十分に落ちていない場合は、固形の石鹸でこすりましょう。最後に水ですすいだら、洗濯機で洗えば、ほとんどのインクは落ちます。それでも落ちない場合や、気になる場合は、クリーニング店に頼るのがいいでしょう。

油性ペンのインクの落とし方:肌、その他の場合

肌やその他ビニール以外のものについた場合についてみていきましょう。肌についた場合ですが、この場合はまず石鹸で手洗いしてみましょう。この時、石鹸を泡立てて優しく洗いましょう。まだインクが乾いていなければ、比較的落ちやすくなります。石鹸でも落ちなかった場合や、時間が経ってしまった場合は、化粧落としが有効的とされています。他にも口紅を使うものもあります。その方法はシンプルで、油性ペンがついてしまった部分に口紅を塗って、なじませてから拭き取るだけです。口紅には、インクを浮き上がらせる成分の乳化剤が含まれているためです。他にも、日焼け止めやクリームクレンザーを使って落とす方法もあります。ガラスや陶器、金属やプラスチックなど、表面がつるつるした素材のものについた場合は、ビニールについた時の対処法とほぼ同様となりますので、この後紹介します。

油性ペンのインクの落とし方:ビニール製品の場合①

それでは、ビニールやビニール系の壁紙などについてしまった場合についてみていきましょう。これらについてしまった場合、まず試してみるのが、消しゴムです。方法は簡単で、インクが付いた部分を優しくこするだけです。表面についたばかりの場合はこれだけで落ちることもあります。強度のない素材だと壊れる危険性があるので、力を加えすぎないようにしましょう。それでも落ちなかった場合の対処法は様々ですが、メジャーなのはアルコールを用いた方法です。消毒用アルコールや除光液には、揮発する際に汚れもいっしょに浮かす作用があるため、こうした油性ペンのインクを落とすのに適しています。まずは、消毒用アルコールや除光液をタオルにしみ込ませます。次に、油性ペンを溶かして吸い取るように、そのタオルでインクがついた部分をトントンと叩くように拭きましょう。この場合、タオルに汚れがつかなくなるまで続けます。ただし、でこぼこしたものなど、素材によっては落としきれないものもあるので、注意しましょう。

油性ペンのインクの落とし方:ビニール製品の場合②

引き続き、ビニールについた場合についてみていきます。次に、みかんの皮を用いた方法を紹介します。みかんの皮には、天然油であるリモネンが含まれており、油性ペンの油を浮かせてくれるのです。まず、皮の外側でインクがついた部分を擦ります。皮の水分がなくなってきたら、新しい皮に取り替えて、これを繰り返します。インクが落ちたら、最後に内側の白い部分で優しく擦って、細かい皮を拭き取って仕上げです。みかんの皮のほかにも、オイルやエタノールを使うといった方法もありますが、手順はアルコールの際のほぼ変わりません。あまりにインクが落ちない場合は、専用のマーカー落としを用意しましょう。方法は簡単です。インクがついた箇所に、直接スプレーを吹きかけ、タオルやキッチンペーパーで擦るだけです。歯ブラシや綿棒などを使うと、よりインクが落ちるでしょう。

油性ペンを落とす時の注意点

油性ペンを落とす時の注意点についてみておきましょう。まず、布や革製品に油性ペンがついてしまった場合に、絶対にやってはいけないことがあります。それはゴシゴシと強めに擦ってしまうことです。これは単にインクを広げてしまうだけになって、まったく落ちません。被害が拡大するだけですので、ゴシゴシと擦ることだけはやめてください。アルコール或いはエタノールや洗剤などを染み込ませて、汚れを浮かせた状態で叩いた後、洗濯機で洗うのが最も効果的なやり方です。次に、みかんを用いた方法についての注意点です。表面がつるつるした素材の場合はビニールについた時の対処法とほぼ同様とは言いましたが、この方法については、一部のプラスチック素材を溶かしてしまう危険性があります。あらかじめ、その素材についてよく知っておきましょう。これらのことに気を付けて、慎重に方法を選びましょう。

まとめ

油性ペンがついてしまったら、とにかく乾かないうちの対処が重要になります。ビニール素材についてしまっても、慌てず、消しゴムで擦ったり、アルコールで浮かせて落としたりして対処しましょう。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ